アクセスの多いエントリー

    ★☆★NEWS★☆★2018年ボイドタイム新月・満月一覧表をUPしました!

    2016年07月31日

    2016年8月のボイドタイム

    ビジネスでも日常生活でも気をつけたい
    8月の魔の時刻ボイドタイム一覧。
    ※ボイド時間とは

    今月末に水星逆行がはじまります。
    2016年8月30日22時5分 水星逆行開始(乙女座29度)
    →2016年9月22日14時30分すぎ 水星順行へ(乙女座14度)

    2016年8月2日 09時46分   10時13分
    ○新月 [獅子座10度] 2016年8月3日 5時46分
    2016年8月4日 13時16分   16時35分
    2016年8月6日 12時23分 7日 01時57分
    2016年8月9日 02時42分   13時52分
    2016年8月11日 14時24分 12日 02時25分
    2016年8月14日 02時38分   13時13分
    2016年8月16日 11時46分   20時53分
    2016年8月18日 18時27分 19日 01時35分
    ●満月 [水瓶座25度] 2016年8月18日 18時28分
    2016年8月20日 21時23分 21日 04時20分
    2016年8月22日 20時49分 23日 06時21分
    2016年8月25日 04時40分   08時41分
    2016年8月27日 09時32分   12時07分
    2016年8月29日 15時26分   17時13分

    posted by JEEPSTAR at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | *星まわりと運勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2016年07月18日

    天動説と地動説の惑星軌道比較


    太陽系の惑星軌道を天動説モデルと地動説モデルの
    比較GIFアニメがネットで拡散され話題になりました。

    solar_system.gif

    ただ天動説になじんでいる人からすれば特に右は違和感がありますね。
    このアニメは地球中心座標系と太陽中心座標系の比較に主眼をおいたもので
    惑星の運行速度のちがいも軌道間の距離もまったく無視しており
    右も古代〜中世のいわゆる天動説のモデルとは異なっています。
    (地球と火星の距離をもっととればその間に太陽軌道が入るのですが・・・)
    出典は海外の数学のフォーラムですね。
    http://www.malinc.se/math/trigonometry/geocentrismen.php

    プトレマイオスの天動説では地球を中心とする同心円を想定し
    惑星の逆行現象についてはそれぞれの惑星がその軌道を周りつつ
    (配置順として水星-金星-太陽-火星-木星-土星)
    軌道上で小さな円(周転円)上で円周運動をしていると解釈していたのです。
    古代ローマ時代に宗教的理由で弾圧された
    悲劇の女性天文学者ヒュパティアを描く映画『アレクサンドリア』でも
    最初の方ではそのような立体模型が出てきます。

    さて、占星学への批判の定番の一つに
    古い天動説モデルに依拠しているのがおかしいという説がありますが
    地球視点から見た相対的位置関係は昔も今もかわりません。
    さらに宇宙全体が運動しているとなると
    そもそもどこかに中心点を設定するということ自体が
    相対的な設定にすぎないのではないでしょうか。

    なお天動説モデルにしたがってホロスコープを作図する
    ヘリオサントリック占星学の研究もすすめられていますが
    今のところそれひど普及はしていない様子です。
    ※参考:松村潔『ヘリオセントリック占星術』

    posted by JEEPSTAR at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | *12星座と西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2016年07月02日

    2016年7月の星周りと12星座の運勢


    sph_fg8.jpg

    2016年7月の星周り
    2016年7月12日14時35分 金星獅子座入り
    2016年7月14日9時50分前 水星獅子座入り
    2016年7月22日18時30分すぎ 太陽獅子座入り
    2016年7月31日3時20分前 水星乙女座入り

    2016年7月の月相
    新月 7月4日(月) 20:02 蟹座12度
    上弦 7月12日(火) 9:53 天秤座20度
    満月 7月20日(水) 7:58 山羊座27度
    下弦 7月27日(水) 8:01 牡牛座4度

    ようやく水星逆行込みの火星逆行が終了し
    柔軟星座のグランドクロスもほぐれました。
    東京都知事の問題はいかにも海王星と木星がらみの
    クロスのように思えますし
    イギリスの英国離脱もこれと無関係ではないでしょうね。
    柔軟のクロスはいかにも離脱という感じです。

    これまで遅々として進まないことがあったとすれば
    これからは一気に解決に向かっていくときとなります。

    依然として柔軟星座のほぼ真ん中あたりで
    魚座の海王星-射手座の土星-乙女座の木星の
    T字スクエアが継続中。
    クロスの一端であった双子座が欠けている状態なので
    連絡・コミュニケーション・輸送といった
    双子座的課題が今後の焦点になっていきそうです。
    2日には夕方から夜にかっけて月が双子座で
    グランドクロスです。

    かつ7月はじめは魚座-乙女座の軸に
    山羊座の冥王星-蟹座の太陽・金星・水星の軸が絡み
    ミスティック・テクタングルを形成。
    このあたりに星が絡んでいる人は
    綱渡り的な平衡感覚を発揮すれば
    不利な要素を有利な要素に転換されることgできそう。

    7月8日ごろ太陽・水星・金星の一団が蟹座半ばに進み
    海王星とトライン。火星は蠍座終わりごろ。
    水星座[蟹座-蠍座-魚座]後半生まれの人は
    夢にあふれ楽観的になり元気になれる時になりそうです。
    魚座は多くの不安要素を抱えながら・・・となりますが。

    18日ごろには水星・金星が太陽に先立ち獅子座入りして
    射手座の土星とトライン。
    双子座・射手座で厄介つづきだった人もちょっと楽しめる時に。

    この時期、牡羊座の天王星に対して蟹座の太陽はスクエア
    蠍座の火星はインコンジャクト。
    牡羊座終わり度数がらみの人は怒りで理性を見失うリスクあり。

    不動星座[牡牛座-獅子座-蠍座-水瓶座]前半の人は
    平穏な日々がつづきそう。
    不動星座後半の人はここ数ヶ月のトラブルが継続していますが
    7月中をとおしてようやく解決に向かうでしょう。

    土星座[牡牛座-乙女座-山羊座]の今回の幸運期が
    まもなくおわりをむかえようとしています。
    思い残すことがないよう何事もはげみましょう。
    風星座[双子座-天秤座-水瓶座]は幸運期が近づいて
    そろそろその気配を実感しているのではないでしょうか?


    21世紀日本占星天文暦およびStargazerのデータその他を参照しました。

    ※それぞれどのような分野で幸運・不運があるかはその人の星しだいです。
    個人の運勢鑑定はこちらでどうぞ >>占星術総合鑑定案内
    ※まちがいが起こりやすい時間帯ボイドタイム
    一覧表はこちらからどうぞ  >>ボイドタイム一覧
    タグ:運勢 12星座
    posted by JEEPSTAR at 00:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | *星まわりと運勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする