アクセスの多いエントリー

    ★☆★NEWS★☆★2019年ボイドタイム新月・満月一覧表をUPしました!

    2018年09月30日

    2018年10月のボイドタイム[新月・満月つき]

    ビジネスでも日常生活でも気をつけたい
    10月の魔の時刻ボイドタイム一覧。
    void_moon.jpg
    ※ボイド時間とは

    今月は金星逆行がはじまります。
    2018年10月6日4時05分すぎ 金星逆行開始(蠍座10度)
    →2018年11月16日19時50分すぎ 金星順行へ(天秤座25度)
    愛情・結婚に関することや
    不動産や自動車など高価な買い物については
    なるべく決定を避けるようにしましょう。

    2018年10月1日 00時41分 02日 03時02分
    2018年10月3日 17時36分 04日 06時14分
    2018年10月5日 20時36分 06日 08時21分
    2018年10月7日 23時05分 08日 10時11分
    ○新月 [天秤座15度] 2018年10月9日 12時48分
    2018年10月9日 17時52分 10日 13時10分
    2018年10月12日 08時14分   18時54分
    2018年10月14日 10時01分 15日 04時18分
    2018年10月17日 06時52分   16時36分
    2018年10月19日 21時28分 20日 05時21分
    2018年10月22日 08時48分   15時59分
    2018年10月24日 03時18分   23時34分
    ●満月 [牡牛座1度] 2018年10月25日 1時46分
    2018年10月26日 23時51分 27日 04時41分
    2018年10月28日 13時39分 29日 08時29分
    2018年10月31日 11時34分   11時44分


    posted by JEEPSTAR at 22:59 | Comment(0) | *星まわりと運勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年09月25日

    石井ゆかり『星ダイアリー2019年』[12星座別] 発売

    石井ゆかり『星ダイアリー』2019年版は
    昨年と同様に秋分の日に発売です。
    月に焦点を当てたダイアリーは多くでていますが
    惑星の動き全体に詳しいことでは
    このダイアリーが一番です。

    「月間・週間のカレンダー欄には、月の満ち欠けや、星占いに関係する10個の天体(月、太陽〜冥王星)の動き、ボイドタイムなどが記載されており、詳しい人には便利です。初心者にもわかるよう、後半には解説も載っています。星の情報は整理された形で入っていますので、記入欄はたっぷりあります。」
    幻冬社コミックスの紹介ページから

    [基本コンテンツ]
    年間占い/月間占い/カレンダー解説/12星座プロフィール/月間カレンダー/週間カレンダー/年間カレンダー
    メインの週刊ダイアリーは見開き2ページで左ベージに一週間のグリッド。

    [2018年版からの変更点]
    月間カレンダーの土日の見出しを見やすくしました。
    月間カレンダーの左端をメモスペースにし、星の動きを下側へ移動しました。
    12星座プロフィールのミニコラムを更新しました。
    しおり紐の色を落ち着いた水色と茶色にしました。


    ↓Amazon.jpで購入すると「スマホ壁紙 データ配信」特典つき↓
    石井ゆかり『星ダイアリー2019』12星座別 特典つき
    posted by JEEPSTAR at 20:00 | Comment(0) | *占星術本・一般向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年09月09日

    ソーラーチャートから見えてくること

    特に出生時刻が不明の場合に
    太陽のある星座(サイン)の0度を1室として
    以下均等に各星座30度づつにハウスを
    振り当てる方式の出生図を使う場合があります。
    場合によっては太陽の度数をASCとします。
    この方式は「ソーラーチャート」と呼ばれたり
    もしくは「ソーラーサインチャート」、
    あるいは「ソーラーサインハウスシステム」と
    呼ばれたりします。

    太陽12星座占いの運勢判断は
    一般的にこの方式でハウス配置をふりあてています。
    (もちろんネイタルの星は太陽だけです)

    正しい出生時刻でASCを出す場合とは
    当然ハウス配置がまったく変わってしまうので
    はたして意味があるのかという疑問を
    持ってしまうのは仕方ないでしょう。
    しかし石井ゆかり氏は『星読み+』
    トランジット惑星のハウス通過を解説した章で
    どちらかが正しくどちらかがまちがいということは
    ないと指摘しています。

    これはこれで何かが表示されるのは確かなので
    で出生時刻がわかっている場合にも
    ソーラーチャートを参照した方が良いでしょう。
    橋本航征『真実の占星学』によれば
    これは「正統なチャート分析の手法」です。

    ですのでできたらトランジットを読む際も
    ソーラーチャートも併用するのが良いでしょう。
    ある人の人間像なり恋愛傾向なりについて
    出生時刻のASCのチャートからは
    何か見えてこないものがあったり
    トランジットの運勢の流れでピンとくるものがない場合
    ソーラーチャートを算出してみると
    気になる要素がしっかり表示されたりします。
    実感としては同じ人を
    ちがう角度から見たようような感じでしょうか。

    ちなみに日本の代表的ホロスコープソフトStargazerでは
    ハウスタイプの選択で「SolorSign」を
    指定するだけで太陽星座の0度をASCとする
    チャートが表示できます。

    Astorolog32などのソフトウエアでは
    ハウスシステムで「Whole」を選びます。
    イコールハウスシステムとはちがって
    ASCの星座(サイン)の0度が第1ハウスとなり
    30度づつで星座とハウスが
    一致するようになっているので
    太陽の入っているハウスを第1ハウスと
    読み替えればよいのです。

    さて・・・
    ソーラーチャートの場合は
    必然的に太陽=自我は第1室です。
    すると必然的にアンギュラーハウス
    [1室-4室-7室-10室]の1室以外に入っている星は
    少なくともサインアスペクトにおいて
    太陽とスクエアかオポジションを形成します。

    このことから考えれば・・・
    7室内の星はオポジションなのですから
    パートナーは必然的に自我と対立する、
    そして4室と10室内の星とはスクエアになるのですから
    家・両親との関係、職場の人間関係においては、
    必然的に自我を曲げざるをえなくなる、
    ・・・ということになります。

    地のハウスどおしは調和するのですから
    6室の労働と10室のキャリアは金銭[2室]を
    もたらすことになる。

    などなどというようにハウス間の本来の
    関係性がはっきりと見えてきます。
    そして人生の法則性のようなものも
    見えてくるのです。


    参考文献:
    橋本航征『新版 真実の占星学』魔女の家BOOKS
    石井ゆかり『星読み+』幻冬舎コミックス
    小曽根秋男『新版 Stargazerで体験するパソコン占星学』技術評論社

    posted by JEEPSTAR at 20:00 | Comment(0) | *12星座と西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年09月06日

    2018年9月の星回りと12星座の運勢


    sph_fg8.jpg

    ★2018年9月の星周り

    2018年9月6日11時40分 水星乙女座入り
    2018年9月6日20時10分 土星順行へ(山羊座2度)
    2018年9月9日18時25分すぎ 金星蠍座入り
    2018年9月11日9時55分すぎ 火星水瓶座入り
    2018年9月22日12時40分 水星天秤座入り
    2018年9月23日10時55分 太陽天秤座入り

    ★2018年9月の月相

    下弦 9月3日(月) 11:39 双子座10度
    新月 9月10日(月) 3:03 乙女座17度
    上弦 9月17日(月) 8:16 射手座24度
    満月 9月25日(火) 11:54 牡羊座1度

    2018年9月は地の星座・初期度数の
    グランドトラインでスタートします。
    牡牛座の天王星、山羊座の土星、乙女座の水星。
    地の星座[牡牛座ー乙女座-山羊座]の特に前半に
    太陽や月その他重要ポイントがある人は
    9月上旬は新しいアイデアに形を与えて実現できる時です。

    一方では山羊座終わりの火星と
    天秤座終わりの金星がスクエア
    天王星は牡牛座はじめでクオリティは異なるものの
    形としてはT字スクエアの圏内となります。
    獅子座初期度数のドラゴンヘッドを加えれば
    ほぼグランドクロスの形に。

    活動星座[牡羊座-蟹座-天秤座-山羊座]後半の人
    不動星座[牡牛座-獅子座-蠍座-水瓶座]前半の人は
    共に甘い見通しに基づき衝動的で突発的な
    行動に出てしまう恐れがあります。
    ※9月4日の台風21号、9月6日の北海道地震は
    日本国の太陽が天秤座だとすれば
    このグランドクロスの影響化で起ったと
    いえるかもしれません。

    9月9日に金星が蠍座入り後
    9月11日の火星の水瓶座入り後は
    ほぼ完全に不動星座のグランドクロスなります。
    衝動的な行動が長期的な問題を惹き起こしそう。
    活動星座前半の人はかなり危険な状態がつづきます。
    月がクロスに絡んでくる13日、20日、27日〜28日は
    とりわけ注意が必要な日になるでしょう。

    月半ばは魚座の半ばの海王星に乙女座の太陽・水星が
    オポジションを組ます。
    柔軟星座[双子座-乙女座-射手座-魚座]の人は
    思い違いや間違った情報などに要注意。
    騙されたりするおそれがある一方で
    自分がまちがった情報を拡散してしまうおそれもあり。
    10日の乙女座の新月、17日の射手座の上弦の日は
    理性と感情の乖離もあり特に要注意。


    21世紀日本占星天文暦およびStargazerのデータその他を参照しました。

    ※それぞれどのような分野で幸運・不運があるかはその人の星しだいです。
    個人の運勢鑑定はこちらでどうぞ >>占星術総合鑑定案内
    ※まちがいが起こりやすい時間帯ボイドタイム
    一覧表はこちらからどうぞ  >>ボイドタイム一覧

    タグ:運勢 12星座
    posted by JEEPSTAR at 20:46 | Comment(0) | *星まわりと運勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする