アクセスの多いエントリー

    ★☆★NEWS★☆★2019年ボイドタイム新月・満月一覧表をUPしました!

    2018年10月31日

    2018年11月のボイドタイム[新月・満月つき]

    ビジネスでも日常生活でも気をつけたい
    11月の魔の時刻ボイドタイム一覧。
    void_moon.jpg
    ※ボイド時間とは

    11月は金星逆行の状態でスタート
    金星逆行終了直後に水星逆行がはじまります。
    高価な買い物と契約には要注意の流れとなります。

    2018年10月6日4時05分すぎ 金星逆行開始(蠍座10度)
    →2018年11月16日19時50分すぎ 金星順行へ(天秤座25度)

    2018年11月17日10時35分前 水星逆行開始(射手座13度)
    →2018年12月7日6時25分前 水星順行へ(蠍座27度)
    ※2018年12月1日20時15分前 水星蠍座へ戻る


    2018年11月2日 13時33分   14時49分
    2018年11月4日 16時28分   18時02分
    2018年11月6日 17時20分   22時03分
    ○新月 [蠍座15度] 2018年11月8日 1時03分
    2018年11月8日 19時44分 09日 04時00分
    2018年11月11日 12時36分   12時55分
    2018年11月14日 00時14分   00時46分
    2018年11月16日 12時59分   13時42分
    2018年11月18日 17時04分 19日 00時56分
    2018年11月21日 07時46分   08時44分
    2018年11月22日 19時00分 23日 13時11分
    ●満月 [双子座0度] 2018年11月23日 14時40分
    2018年11月25日 14時33分   15時39分
    2018年11月27日 16時24分   17時37分
    2018年11月29日 18時49分   20時09分


    posted by JEEPSTAR at 23:59 | Comment(0) | *星まわりと運勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年10月27日

    [新刊] W.リリー『クリスチャン・アストロロジー第一書、第二書』翻訳

    17世紀イギリスの占星学の大家ウイリアム・リリーが
    古代〜当時までの占星学を集大成した
    伝統占星学の古典『クリスチャン・アストロロジー』の
    第一の書・第二の書の翻訳が出ました。
    翻訳は田中要一郎氏および田中紀久子氏による共訳。
    刊行元は太玄社。
    先に第三の書が翻訳出版されてから3年4ヶ月ぶりとなります。

    第一の書はホロスコープ作図法やハウスの意味などの基本を、
    第二の書はホラリー占星術をあつかいます。
    ※先に出た第三の書はネイタル占星術

    クリスチャン・アストロロジー 第1書&第2書
    クリスチャン・アストロロジー 第1書&第2書

    関連イベント:
    「クリスチャン・アストロロジー第1書&第2書」出版記念 伝統占星術講座
    2018年12月15日 東京都内
    http://naturalspirit.ws/yoichirotanaka_201812/
    刊行記念 田中要一郎氏×鏡リュウジさんトークイベント
    2018年10月31日 新宿紀伊国屋本店
    https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/20181008101505.html


    ※原書もamazon.jpで購入可能。
    Christian Astrology, Books 1 & 2
    第1書〜第3書までの合本もあり。
    Christian Astrology
    タグ:ホラリー
    posted by JEEPSTAR at 08:00 | Comment(0) | *占星術本・教科書/専門書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年10月25日

    S. Arroyo, Relationships & Life Cycle [レビュー]

    洋書の西洋占星術専門書のレヴューです。
    今回はStephen Arooyoの著作
    Relationships & Life Cycleについて。
    DRCS刊、初版は1979年、第二版が1993年。

    タイトルからわかるとおり
    占星術で見る相性と運勢についての解説書です。

    人間関係・相性と運勢のそれぞれが
    ひととおりネイタルチャートを
    読めるようになった人にとっては
    次にとりかかりたいテーマですが
    この本ではその両方をあつかっています。
    分量としては人間関係・相性の部分が
    全体の3分の2超となっています。

    著者によるセミーナーが元になっている著作で
    セミナーの現場の聴衆からの
    Q&Aが随所に入っていてそこで
    とても実際的な情報が開示されています。

    全部で5章立てで・・・
    1:個人における人間関係の素質
    2:チャート対照(シナストリー)の技法
    3:チャート対照におけるハウス
    4:トランジットの理解
    5;占星術的カウンセリングに関して

    人間関係・相性については
    ほとんどもっぱら恋愛と結婚に関することを
    内容としている。

    土星は特にその人が重要視する部分なので
    その部分について用心深くなるポイント。

    金星の星座と火星の星座については
    ひととおり解説してある。
    火星については各星座について
    セックスのときのマナーなどにも言及があり。
    地の星座は義務的・奉仕的セックス
    天秤座はあまりに礼儀正しいセックスなどなど・・・。
    金星と火星に対する海王星・天王星・冥王星の
    ハードアスペクトをとりあげて解説。

    火星-天王星は欲求をストレートに表現しにくい
    それゆえに爆発する、などの心理占星学的視点。

    チャート対照では  
    太陽どおしのアスペクトからはじめて
    金星どおし・火星どおしのオポジションなど
    いくつかの配置をピックアップ。
    そして既存の相性解説書に手薄だった事項として
    こちらのハウス内の相手の星について解説。

    トランジットについては
    特に実際的な判断要素として木星と土星をあわせて
    各ハウスへのトランジットについて対比的に解説している。
    たとえば4ハウスに木星か土星がくると引越しに結びつくが
    その動機は木星の場合と土星の場合でちがってくるなど・・・。

    それから火星・木星・土星のリターン。
    木星のリターンについてはQ&Aにおいて
    それが新しいプロセスのはじまりなのか
    既存のプロセスのクライマックスなのかといった
    ことについて明言されている。
    土星どおしの7年サイクル、天王星どおしのサイクルなど。

    どちらかというと基本的な事項から
    微妙な判断に迷うような発展的事項まで
    役にたつポイントをひろいあげてスポットを当てており
    実践に役立ちそうな内容です。
    ただ、いわゆる“中年の危機”や“老年の危機”といった
    同時的複合的なトランジットの解説も期待していたのですが
    そういったことには言及はありませんでした。

    Relationships & Life Cycles: Astrological Patterns of Personal Experience
    Relationships & Life Cycles: Astrological Patterns of Personal Experience

    posted by JEEPSTAR at 18:31 | Comment(0) | *占星術本・教科書/専門書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年10月22日

    StargazerのWEB配布版・SATについて

    代表的なホロスコープソフトの一つである
    Stargazerは書籍版付属のヴァージョンとは
    かなりちがった形で進化していっています。
    SA2の後継バージョンであるSATが
    今年2018年のはじめに公開されました。
    SA2とはインターフェースの見た目や
    機能は一見同じようですが
    天文暦は新たに改訂されているとのこと。
    年数は1800年〜2050年。
    設定ファイルの構成などは微妙にことなるため
    SA2他のヴァージョンの設定を
    引き継ぐことは出来ないようです。
    プログラムとしてはホロスコープ・タブ・デュアルの他、
    ホロスコープ単円、進行経過時期表、座興相性、
    四柱推命、宿曜、紫微斗数、三元九星が付属。
    付属ソフトはSA2より増えています。

    書籍版付属のヴァージョンと異なる
    最大の特徴が「三重円デュアル」ですね。
    すべて日本語にすると三重円二重で
    意味がほとんどわからなくなりますが・・・。
    それとタブ方式で何枚ものチャートを
    切り替えられることも大きな特徴です。
    タブ式ブラウザに親しんでいれば
    だいたいの操作感は想像がつくでしょう。
    ※タブ化はSAから・デュアル化はSA2から

    以下「三重円デュアル」について。

    Stagazerの従来からの特色が三重円表示です。
    内側に出生=ネイタルチャート
    その外に進行=プログレス
    さらに外に経過=トランジット
    これらを同時に表示して相互の絡みを読むものです。

    例えば二人の人に関して
    それぞれのネイタルとプログレス
    さらにトランジットの絡みを読みたい場合には
    従来はChartsを起動して「設定」から
    五重円を選択してそれぞれのチャートを
    表示させるという方法がありました。

    このSATでは三重円のうち
    出生図と進行図の円の中に
    二人(二つ)の星の配置を
    同時に表示することができるのです。
    つまり出生図と進行図が
    それぞれ一つの円のまま「デュアル」に
    なるということなのですね。

    そこにさらに外円には経過図を表示して
    都合、五重円を三重円の形で
    表示しているということになります。

    従来までの三重円とデュアル三重円との
    表示切り替えは←と→のキーで行います。

    表示色の設定もかなり細かくできるようになっています。
    デュアル表示にする場合には
    もちろん出生データ1と出生データ2との
    感受点を適切に色分けしておかないと
    当然ながらとんでもないことになってしまいます。

    出生1の感受点どおしの座相線と
    出生2の感受点どおしの座相線を
    色分けすることはできないので
    デュアル表示でネイタルどおしのアスペクト線を
    表示するとけっこう見づらくなるのが難点でしょうか。

    シナストリー(チャート対照)が見づらければ
    あえてデュアル表示しないで
    経過円に出生2を読み込んむのも方法としてはありでしょう。

    ※ちなみに出生データ1側の感受点の色を一括で変更すると
    なぜか出生データ2の側の太陽のみが
    出生データ1で指定した色になってしまいます。
    これは何か意図があるのかどうか分りません。

    いろいろ設定をいじるのも面白いのですが
    作り自体がかなり複雑ですから
    サイトに用意されているマニュアルに
    最初に目を通しておく方が良いです。

    ソフトは64bit版と32bit版があり
    それぞれに自己解凍のexeファイルと
    書庫形式のファイルが用意されており
    インストール先も設定ファイルや
    データファイルの置き場も任意で設定できます。

    ダウンロードは・・・
    公式サイト「ケロプッタの国」
    http://stargazer.on.coocan.jp/
    トップから>>Stargazer開発室
    Stargaerのインストールとメンテナンス

    SAやSATなどのWEB配布ヴァージョンは
    より多機能になっている分だけ
    設定変更などの操作が複雑で難しくなっていますし
    使用のためには圧縮ファイルの解凍や
    PCのディレクトリーなどについて
    一定の知識がある必要があります。
    この説明の意味が分らない人には
    まず使いこなせないでしょう。

    そのような場合は書籍付属の
    インストールCD-ROMを使用するのが無難と思われます。
    こちらは書籍本体の解説も
    ソフト使用マニュアルも充実していますし
    機能や操作手順は総体として比較的にシンプルです。
    ある意味では入門版との位置づけも可能かもしれません。
    小曽根秋男『新版 Stargazerで体験するパソコン占星学』技術評論社

    この記事を見た人におすすめ
    Stargazerの相性チャートの出し方
    Stargazerで海外チャートを出す場合の注意
    Stargazerの先行日食の出し方について
    パート・オブ・フォーチュンの位置について

    posted by JEEPSTAR at 20:00 | Comment(0) | *占星術サイト/ソフトウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年10月18日

    蟹座・4室は“近所”の恋愛

    特定の星座(サイン)やハウスが強調されていると
    恋愛や結婚についても強い傾向性が現われます。
    今回は蟹座・4室の愛情傾向
    とくに出会いのきっかけや恋の発展の条件について
    見ていきたいと思います。
    cancer1810.jpg

    蟹座は郷土愛が強く普段の生活を大切にし
    そしてテリトリー意識の強い星座です。
    そのような蟹座の性質は恋愛や結婚の
    あり方にも影響してきます。

    ホロスコープでは蟹座の本来のハウスは4室。
    これらに恋愛に関わる星の配置が絡むと
    蟹座的な恋愛傾向が生じてきます。

    必ずしも太陽星座が蟹座でなくとも・・・
    金星が蟹座に入っている
    5室や7室の主星(ルーラー)が4室
    女性なら恋人や夫を現す火星が太陽が
    4室に入っている
    ・・・などです。

    とくに5室や7室の主星が4室の場合は
    「恋愛のチャンスが地元にある」とか
    「結婚相手は地元や同郷の人」などは
    教科書などにも明記されていたりします。
    ※橋本航征『新版・真実の占星学』魔女の家BOOKS

    また一般に、女性で火星や太陽もしくは
    (※男性の場合は金星や月)
    5室や7室の主星が4室だと
    やはり出会いが地元の人・同郷者に
    なりがちだと言われています。

    実際に出生チャートで蟹座・4室が
    強調されている人の恋愛を見てみると
    ずっと親元や故郷で暮らしている場合は
    そのまま地元での恋愛や結婚ということになります。

    では進学や就職をきっかけに
    田舎から都市部に出てきて長年住んでいる場合は
    どうでしょうか?

    この場合は故郷=地元に関係のある恋愛もありえるのです。
    何かの県人会とかそういった団体とか。
    しかしそのような団体に所属する人ばかりではありません。
    実際には、住んでいる場所での
    近所の恋や結婚という形になるようです。

    つまり長年住んでいる場所=地元ということですね。
    ポイントは蟹座がテリトリー意識の強い星座だいうこと。
    長年住んでいればその生活の場こそが
    自分にとってのホームもしくは
    テリトリーということになるのです。

    逆から言えば近所に住んでいて
    しょっちゅう顔を合わせるという条件でないと
    なかなか愛情関係が発展しないということ。

    お酒を飲む人で蟹座・4室が強調されている人なら
    大抵は家の近所に行きつけの店があったりします。
    これはその人にとって「ホーム」と感じられる場所。
    お酒を飲まないなら喫茶店などかもしれません。

    そこで常連同士やがて話すようになる。
    そのうち特定の誰かと何度も自然と顔を合わせて
    かつ共通の知り合いもできてきて心を開くようになる。
    そんな時に告白されると、つきあうようになる。

    つけ加えるなら相手が同郷の出身者だと有利です。
    また、そうでなくとも
    その人の昔の親友を知っていたりするのも
    同じくらいに有利でしょう。
    アカの他人ではないんだ、共通するのはという感覚です。

    相手がどんな人か、好みのタイプであるかというよりは
    これらの条件を満たしていることが
    むしろ優先されるようでもあります。
    日用品はとにかく近所の店で手に入る銘柄を選ぶ・・・
    なんかそんな感じです。

    そして家もおたがい近所ですから
    スムースにあたがいの家で過ごすようになるのですね。

    たとえ同じ市内でも気軽に歩いていける距離じゃないと
    維持や発展がむずかしくなったりもします。
    蟹座はテリトリー意識が強いので
    自分のふだんの行動半径を超えた場所だと
    たとえ地理的には遠くなくても
    移動に抵抗を感じるのです。
    情の深い蟹座ではあるのですが
    この意味では遠距離恋愛は論外ということに
    なってしまいそうです。

    また、相手の家か自分の家ということになると
    やはり自分の家がよりリラックスできるのが蟹座。
    相手の家だとどうしてもソワソワして
    落ち着けなかったりします。
    しかし相手の家で家事などを任せられると
    自然にその家にもテリトリー意識がでてきます。

    蟹座や4室が強調されている人と仲良くなりたければ
    相手の行きつけの店に通って共通の知り合いをつくるとか
    そういったことが有効ということになります。
    究極的にはできれば相手の近所に住むことでしょう。
    たとえこちらの第一印象が薄かったり、むしろ悪かったりしても
    自然に顔を合わせる機会が多いと
    何となく親しみを持つようになるのが蟹座だったりします。
    ですからさりげなく近くにいることが大事です。

    いかがでしょうか?
    ご自身のことや身のまわりの人で
    お心当たりはないでしょうか?


    この記事を見た人におすすめ:
    金星星座で見る愛情傾向
    蠍座の立ちきる決断力
    獅子座女性のイメージと実際のギャップ
    獅子座と乙女座はロマンチスト?
    12星座別ストーカー度ランキング

    posted by JEEPSTAR at 08:03 | Comment(0) | *12星座と西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年10月04日

    2018年10月の星回りと12星座の運勢


    sph_fg8.jpg

    ★2018年10月の星周りと運勢

    2018年10月1日11時00分すぎ 冥王星順行へ(山羊座18度)
    2018年10月6日4時5分すぎ 金星逆行開始(蠍座10度)
    2018年10月10日9時40分すぎ 水星蠍座入り
    2018年10月23日20時25分前 太陽蠍座入り
    2018年10月31日13時40分前 水星射手座入り

    ★2018年10月の月相

    下弦 10月2日(火) 18:47 蟹座9度
    新月 10月9日(火) 12:48 天秤座15度
    上弦 10月17日(水) 3:03 山羊座23度
    満月 10月25日(木) 1:46 牡牛座1度

    これまでの火星の動きをふりかえると・・・
    2018年5月16日13時55分すぎ 火星水瓶座入り
    2018年6月27日6時05分すぎ 火星逆行開始(水瓶座9度)
    2018年8月13日11時15分 火星山羊座へ戻る
    2018年8月27日23時05分すぎ 火星順行へ(山羊座28度)
    2018年9月11日9時55分すぎ 火星水瓶座入り
    現在は2018年5月16日〜2018年8月13日までの
    期間と同じくらいの水瓶座の度数です。
    当時と似かよった状態が再現される見込み。

    2018年10月は牡牛座の天王星
    水瓶座の火星、獅子座のドラゴンヘッドの
    不動星座のT字スクエアからスタート。
    ただし天王星は土星とトライン。

    月の上旬を通じて
    牡羊座、蟹座、山羊座に
    太陽や月その他重要ポイントがある人は
    連絡ミス・思い違いに注意のこと。

    10月の前半を通じて
    不動星座[牡牛座-獅子座-蠍座-水瓶座]前半の人は
    思いがけない事故やトラブルに要注意。
    いったん起こったことは長引きそう。
    油断・甘いみとおしは禁物です。
    愛情面では思わぬ盛り上がりがあるかもしれませんが
    伸展・永続は望めなさそう。

    土星座[牡牛座-乙女座-山羊座]前半の人は
    責任感を持ち堅実性をこころがけるかぎり
    思わぬ出来事をチャンスとして活かすことが可能に。

    10月6日からは金星逆行がはじまります。
    交際のスタート、恋愛に関する話し合い
    入籍などなどには向きません。
    また、自動車や不動産など高価な買い物も
    避けた方が良いです。
    ※2018年11月16日19時50分すぎまで

    月半ば以降、不動星座のとくに中盤の人は
    思い違いや伝達ミスなどに要注意。
    せっかちな気持ちになるとミスが起こりやすい。

    とくに月後半以降、魚座は何事も順調。

    23日太陽が蠍座入りすると
    山羊座と蟹座の前半で困難に向き合っている人は
    困難を乗り切る勇気・気力・体力が湧いてきそう。


    21世紀日本占星天文暦およびStargazerのデータその他を参照しました。

    ※それぞれどのような分野で幸運・不運があるかはその人の星しだいです。
    個人の運勢鑑定はこちらでどうぞ >>占星術総合鑑定案内
    ※まちがいが起こりやすい時間帯ボイドタイム
    一覧表はこちらからどうぞ  >>ボイドタイム一覧

    タグ:運勢 12星座
    posted by JEEPSTAR at 23:00 | Comment(0) | *星まわりと運勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする