アクセスの多いエントリー

    ★☆★NEWS★☆★ 石井ゆかり『星ダイアリー・総合版』2020年発売しました!

    2008年11月07日

    占星術フリーソフトAstrolog32

    フリーソフトの紹介です。
    いぜん紹介したAstrologの新バーションではなく、
    Astrologをもとにした一応別のソフト。
    基本的な機能はAstrologと同じで
    ネイタルの他、トランジットやプログレスの二重円
    複数チャートの重ね合わせ(4重円まで対応)
    コンポジットチャート、ハーモニクス(アディ)対応。
    16のハウスシステム、アストロマップ、ハーフサム、
    ヘリオセントリックチャートの表示、
    ネイタルに対してトランジットがアスペクトする時期を
    感受点やアスペクト種、期間を指定して、演算できる・・・
    チャートデータファイルもastrologと同形式です。

    いろいろとユーザーインターフェィスが附加されています。
    インストーラーでプログラムファイルにインストールするようになっている。

    32の前のヴァージョンまでは、英語版と仏語版の二種類が用意されていましたが
    Ver2からは伊語、チェコ語を含め四ヶ国語版がワンパックになっています。
    同時に2種以上インストールすることも可能です。

    Astorologとの機能上のちがいは、
    初心者向けの簡略モードもついていること、
    半年に一度サマータイムモードの設定が自動切換えできること、
    出生図などのチャートデーターの地図入力が可能になったこと、
    (ただし地図データーは別にダウンロードしなくてはならない。)
    二重円表示の際、チャート1、2共文字データが表示される、
    そして、名前のほか、感受点配置・アスペクトなどから
    データーを検索できるようになっていること。
    たとえば金星が蠍座の人とか、金星と木星のトラインの人とか。
    この検索機能は、他のソフトと比べても大きな利点だと思います。

    ただしAstorolog同様、回帰図を表示するには
    回帰日時リストから手動でチャートデータとして入力し直さなくてはならない。
    おそらく構造上このようにしかできないのでしょう。

    残念ながら今年8月で開発中止。
    以後star fisherと統合あつかいになっています。
    star fisherは基本的に別のソフトですが、Astrolog32のデータも対応。
    こちらについてはくわしくは後日とりあげますが、
    くらべてみてもAstrolog32はまだまだ使えるソフトです。

    1stversion:
    http://uk.geocities.com/astrolog32/
    2ndversion:
    http://www.orionsoft.cz/astrolog32/en/view.asp?page=Introduction.htm


    posted by JEEPSTAR at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | *占星術サイト/ソフトウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス[任意・非公開です]:

    ホームページアドレス[任意]:

    コメント:


    この記事へのトラックバック