アクセスの多いエントリー

    ★☆★NEWS★☆★ 石井ゆかり『星ダイアリー・総合版』2020年発売しました!

    2009年12月26日

    ヘルメスの誕生とアポロンの牛[神統記9]

    プレイアデス七姉妹(アトラスの娘たち)は
    月の女神アルテミスの侍女を務めていました。
    浮気な神の王ゼウスはそのうち三人までをものにしています。
    ゼウスと長女マイアの間に生まれたのが
    商業と盗み・旅と情報の神ヘルメスです。
    [ヘルメス=マーキュリー(水星):双子座と乙女座の守護星]

    生まれたその日のうちに
    ヘルメスは異母兄である太陽神アポロンの牛を盗みます。
    まだ赤ん坊のヘルメスは盗みを見咎めた老人を買収し、
    アポロンの追及を理屈でかわします。
    ゼウスの仲介でアポロンは竪琴とひきかえに牛を取り返したのでした。
    その後ヘルメスはアポロンに笛をあたえ
    ひきかえに黄金の杖と占いの術を授けられています。

    やがてヘルメスは父ゼウスの伝令として活躍するようになります。

    若々しさと神経質なところ、計算高いところは
    双子座とともに乙女座の性質となっていますが、
    とくに双子座の機転が利いて理屈屋で時に嘘つきな性質には
    ヘルメス誕生時のエピソードが反映が見られます。

    ちなみに有名ファッションブランドのエルメスの名は
    ヘルメスのフランス語読みです。

    hermes_praxito.jpg
    オリンピュアのヘラ神殿跡で発見されたヘルメス像
    タグ:水星
    posted by JEEPSTAR at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | *占星術とギリシャ神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス[任意・非公開です]:

    ホームページアドレス[任意]:

    コメント:


    この記事へのトラックバック