アクセスの多いエントリー

    ★☆★NEWS★☆★ 石井ゆかり『星ダイアリー・総合版』2020年発売しました!

    2012年03月26日

    相性占星術の洋書解説書メモ

    占星術の相性技法の専門的な
    洋書解説書の内容についてメモ。
    Synastryシナストリーの語は相性技法全般を指すと共に
    それ自体Chart Comparisonを指すことがある。
    後者の意味では「チャート対照」と呼ぶのがよいかと。
    amazon.jpで購入可能なものはリンク貼ってあります。

    Composite Charts;The Astrology of Relationships
    John Townley 2000
    コンポジットチャート技法の普及のきっかけとなった解説書。
    著者が自ら新たに増補改訂した決定版。
    国家元首と国の関係について実例でふれる。


    Planets in Composite: Analyzing Human Relationships
    Robert Hand  1975
    現代占星学の権威の処女出版作。序文はJohn Townley 
    コンポジットチャート技法解説の定番となっている。
    各感受点のハウスとアスペクトについて
    374とおり各300語にのぼる解説。
    さらにプログレスなども加味。


    The Only Way to Learn About Relationships
    Marion D. March, Joan McEvers 2009
    定番教科書シリーズの第5巻の新版。
    ネイタルで見る対人傾向、シナストリー(チャート対照)
    コンポジット、実例集。総合的解説書としておすすめ。
    翻訳あり→アメリカ占星学教科書 第2巻(巻立てが違うので注意)


    Planets in Synastry: Astrologic Patterns of Relationships
    E. W. Neville  1997
    チャート対照とコンポジットの解説書。
    天王星の効果を重視する一方で
    木星からのアスペクトを省くなど偏りがある。
    レヴューでは賛否両論。


    Synastry: Understanding Human Relations Through Astrology
    Ronald Davison 1991
    感受点のミッドポイントを用いる通常のコンポジットチャートとちがい
    時と場所の中間点から合成チャートを算出する技法を提示。


    Synastry: Understanding the Astrology of Relationships
    Rod Suskin 2007
    ネイタルで見る人間関係の傾向、
    シナストリー(チャート対照)、コンポジットとDavidsonの技法、
    トランジットとプログレスで見る関係の進展、
    さらにクライアントへのカウセリングの仕方と盛り沢山。
    amazon.comではかなり好評価。


    関連記事:
    西洋占星術専門書(和書・洋書)の参考になるレヴュー
    西洋占星術で相性を読む[技法編]
    相性・シナストリーとコンポジットのちがい
    Stargazerの相性チャートの出し方





    タグ:相性 洋書
    posted by JEEPSTAR at 03:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | *占星術本・教科書/専門書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス[任意・非公開です]:

    ホームページアドレス[任意]:

    コメント:


    この記事へのトラックバック