アクセスの多いエントリー

    ★☆★NEWS★☆★ 石井ゆかり『星ダイアリー・総合版』2020年発売しました!

    2013年02月17日

    2013年の春分図

    2013年に入り2ヶ月が過ぎようとしていますが
    占星術的には一年のはじまりは太陽が春分点を通過する時間。
    今年の春分は2013年3月20日の20時02分。
    日本の一年の運勢を見るのには
    首都東京でこの日時のチャートを出すわけです。

    すでに長期的に活動星座の不調和座相がつづいているのですが
    この3月には火星が牡羊座入りしています。
    そんな星の配置の折、尖閣諸島の領土権問題をめぐって
    日本と中国でたがいに対する敵愾心が煽り立てられ
    武力衝突、戦争か、というような気配。

    日本の春分図の上昇星座は天秤座の約28度。
    3室山羊座の冥王星に6室の天王星がスクエア
    9室蟹座の月があわわってT字スクエアに。
    同じく6室の火星は天王星手前で
    スクエアに近づいていく配置です。

    6室は労働を示すハウスで
    古くは奴隷を示すハウスでもありました。
    国家の運勢を見るマンデン占星術では
    特に戦争・兵役などを意味するハウスとされています。

    もとより冥王星は死と再生の星、
    天王星は突発事、火星は暴力・・・
    ・・・といかにもなハウスと星のからみとなっています。

    何かが起こるときというのは
    そのような事が起こる状況というのは
    それまでに時間をかけてつくられていくもの。
    現在の情勢を見ると
    星から読み取られることと一致しています。

    ただ火星がタイトなスクエアを組んでいないことが
    まだましといえるところでしょうか。
    一方では太陽(牡羊座)と金星(魚座)はMCとトライン。
    水星・海王星が魚座、土星が蠍座で
    月とあわせてグランドトラインですから
    問題が大きくなっても平和的解決の道も
    残されていないわけではないでしょう。
    タグ:春分
    posted by JEEPSTAR at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | *星まわりと運勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス[任意・非公開です]:

    ホームページアドレス[任意]:

    コメント:


    この記事へのトラックバック