アクセスの多いエントリー

    ★☆★NEWS★☆★石井ゆかり『星ダイアリー2019』12星座別発売!

    2018年03月06日

    パート・オブ・フォーチュンの位置について

    パート・オブ・フォーチュンは
    アラビック・パーツ(宿命位)の一つで
    日本語では「幸運位」と呼びます。
    これがある位置はその人にとって
    幸運をもたらす領域を示唆します。
    ※ハウスによっては幸運にならないと言う説もあり

    ただこれの呼び方や定義について
    いくらかのバリエーションがあり
    ホロスコープソフトによっても
    ちがった定義を採用していたりするので
    ちょっと混乱することもあるのではないでしょうか。
    整理しておくことにしましょう。

    昼生まれ(太陽が地平線より上)の場合には
    太陽をアセンダントに置いたときの月の位置です。
    これがダイアーナル(diurnal)のPof。
    計算式はそれぞれの360度換算の度数について
    ASC+月−太陽

    夜生まれ(太陽が地平線より下)の場合には
    月をアセンダントに置いたときの太陽の位置。
    こちらはノクターナル(Noturnal)のPof。
    計算式はこちらの場合のは
    ASC+太陽−月

    ただしPofを昼生まれでも夜生まれでも
    太陽をアセンダントに置いたときの月の位置と
    みなす場合もあります。
    むしろ一般的かもしれません。
    そして月をアセンダントに置いたときの太陽の位置を
    パート・オブ・スピリット=Pos(精神位)と
    呼んで区別したりもします。

    さらに・・・、ややこしくなりますが、
    PosをPofとは逆方向に夜昼で切り替える場合もあり
    そしてPosの方にもダイアーナルがあって
    これは昼夜ともASC+太陽−月を適用した感受点です。

    ホロスコープソフトによってこれのあつかいがちがうので
    注意が必要です。

    StargazerではダイアーナルのPofのみ

    Astrolog32ではPofを昼夜で切り替え

    Starfisherでは表示のカスタマイズ度が高く
    感受点の表示設定の選択肢が四つあり・・・
    Pofを選択した場合は昼夜で切り替え
    Pof・Diurnalを選択した場合は常にダイアーナル
    Posを選択した場合は夜昼で切り替え
    Pos・Diurnalは常にダイアーナル

    例えばPofとPosとを同時に表示した場合
    同じ年月日でも日の出・日の入りを過ぎると
    地平線(ASC-DSC)を挟んで対称の位置に入れ替わります。
    そしてPof・DiurnalとPos・Diurnalとを同時に表示した場合には
    夜だろうと昼だろうと二つの感受点が
    地平線(ASC-DSC)を挟んで一定の対称の位置に着ます。
    その他の組合せはまあ各自ためしてみてください・・・。

    結局のところ呼び名は何であれ
    夜生まれでも昼生まれでもいずれにしても
    太陽をアセンダントに置いたときの月の位置:ASC+月−太陽
    月をアセンダントに置いたときの太陽の位置:ASC+太陽−月
    この二箇所のポイントが想定されるわけで・・・
    個人的にはどちらも“あり”な感じです。
    ちょっと手間ですがどちらも検討してみると良いと思います。

    参考文献:
    橋本航征『新版・真実の占星学』魔女の家BOOKS
    ケヴィン・バーグ『占星術完全ガイド』伊泉龍一訳、フォーテュナ
    ※バーグには伊泉氏の訳注も含め比較的詳しい説明あり

    posted by JEEPSTAR at 18:57 | Comment(0) | *12星座と西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス[任意・非公開です]:

    ホームページアドレス[任意]:

    コメント: