アクセスの多いエントリー

    ★☆★NEWS★☆★石井ゆかり『星ダイアリー2019』12星座別発売!

    2018年06月19日

    大阪府北部地震のホロスコープ

    このたびの大阪府北部の地震により
    被災された方々にお見舞い申し上げます。

    日本気象協会発表のデータに拠ると・・・

    発生時刻:2018年6月18日 7時58分頃
    震源地:大阪府北部
    最大震度:震度6弱
    位置;
    緯度 北緯 34.8度
    経度 東経 135.6度
    震源 :マグニチュード M6.1
    深さ :約10km

    http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180618075838.html

    西洋占星術的に考えてみましょう。

    地震の指標として注目されるのが天王星です。
    天王星が星座(サイン)を移動するときに
    大きな地震が見られるというのです。

    天王星は星座を移動しても
    逆行によっていったん戻ってきて
    それから本格的に星座移動するので
    そのあたりも顧慮する必要があります。

    阪神淡路大震災:1995年1月17日 5時46分
    →天王星の一時的な水瓶座入り直後
    1995年4月1日夜:天王星が水瓶座入り
    1995年6月9日朝:逆行により山羊座へ戻る
    1996年1月12日夜1:ふたたび水瓶座入り
    当日の天王星は山羊座の太陽と合の圏内で
    蟹座の月とオポジション(満月)、
    IC-MCの軸とはスクエア

    東日本大震災:2011年3月11日
    →天王星の本格的な牡羊座入り直後
    2010年3月28日朝:天王星が牡羊座入り
    2010年8月14日昼:逆行により魚座に戻る
    2011年3月12日朝:ふたたび牡羊座入り
    当日の天王星は魚座でオーブ広めで太陽と合

    今回の大阪北部での地震は
    2018年5月16日の
    天王星の一時的な牡牛座入りから
    約一ヵ月後となっています。

    地震発生時刻のホロスコープでは・・・
    ※ハウスシステムはプラシダスです。



    MC-ICの軸に対して天王星がコンジャクション。
    ICは地面を示しすのでMCへの天王星のハードは
    地震については目立つ指標です。
    今回はわずか2度のずれです。
    ただしサインは跨いでしまっています。
    なお牡羊座のジュノーもMCに数度で
    コンジャクション圏内です。

    天王星と太陽のアスペクトについては
    阪神淡路大震災や東北大震災で
    合(コンジャンクション)だったのに対して
    セクスタイルを組んでいることが
    被害規模のより少ない指標といえるでしょう。

    そして・・・
    MC-ICの軸に対して月がトライン。
    意外かもしれませんが
    月のコンジャクションもしくはトラインも
    地震の指標という説があります。
    ※ちなみに阪神淡路大震災ではスクエアでした。

    太陽と金星のアスペクトの影響と言う説は
    そもそも二者のアスペクト自体が限定的なので
    あまり支持されていないようですが
    今回はセミセクスタイル圏内であることを
    一応記しておきます。

    ASC-DSC軸に対して
    MC牡羊座-IC天秤座の主星である
    金星と火星がそれぞれコンジャクションであり
    金星はMC-ICにスクエア圏内であることも特記。

    オーブをゆるくとれば不動星座かつ
    アングルでのT字スクエアあり。

    一方では水星座かつ水のハウスでの
    グランドトラインが認められるのも
    注目すべき点でしょう。

    巨大地震は満月から新月へ向かう時期という説が
    ありますが6月14日に新月をむかえたばかりなので
    今回の地震はこれには該当せず。
    あるいは満月以降ならもっと大きな震災に
    なっていたということかもしれませんが・・・
    なお阪神淡路大震災はかろうじて相当、
    東北大震災はあてはまっていませんでした。

    月のボイドタイムをチェックしてみると
    2018年6月18日 12時28分〜17時42分
    獅子座終わりでのボイドタイムです。
    JRや私鉄各線の鉄道が運行を停止し
    tiwitterなどで一部不確実情報が拡散されるなど
    していた時間帯と重なっています。
    夕方より多くの鉄道がたとえ全線ではないにしろ
    運行を再開していました。


    なお今後天王星は・・・
    2018年11月7日:逆行によって牡羊座へ戻る
    2019年3月6日夕方:本格的に牡牛座入り
    この時期にもどこかで地震が起る恐れが
    あるのではないでしょうか。

    タグ:地震 天王星
    posted by JEEPSTAR at 11:07 | Comment(0) | *12星座と西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス[任意・非公開です]:

    ホームページアドレス[任意]:

    コメント: