アクセスの多いエントリー

    ★☆★NEWS★☆★ 石井ゆかり『星ダイアリー・総合版』2020年発売しました!

    2010年08月12日

    ロセッティ「レディ・リリス」


    ladylilith1869.jpg

    ダンテ・ガブリエル・ロセッティ「レディ・リリス」(1869)

    異端の伝説で、アダムの最初の妻だったと言われている魔女リリス。
    イヴは二人目の妻だったことになる。

    詩人でもあったロセッティは
    リリスを描くだけでなく詩に詠んでもいる。


    アダムの最初の妻リリス、人の話では
    (エバを贈られる前に彼が愛した魔女)
    蛇である前に その甘い舌で彼を瞞し、
    魔性の髪は この世に初の金髪だったとか。
    地球は老いたが 彼女は今も若々しく坐り、
    自分の姿をうっとり見とれて 彼女が
    織り上げた眩い網に 男をひきつけ
    やがて心も体も生命も 虜にしてしまう。

    薔薇と芥子が彼女の花、おおリリスよ
    香りを漂わせ そっと口づけし 優しい
    眠りの罠にかける男は 見つかったか、
    見よ! あの若者の眼は君の瞳に燃え
    一本の金髪が その胸を縛り上げる。

    ロセッティ「リリス」松浦暢訳



    占星術の感受点としてのリリスは、小惑星と月の遠地点の二つがある。
    小惑星リリスは冥王星に近い意味をもっているが
    よりセクシャルなイメージが強い。


    posted by JEEPSTAR at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | *images | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年06月11日

    バーン・ジョーンズ「アストロロギア」

    ラファエロ前派の画家
    エドワード・バーン・ジョーンズの作品
    「アストロロギア」(1864)




    posted by JEEPSTAR at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | *images | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年12月23日

    ボッティチェリ「神秘の降誕」



    Botticelli_Nativity.jpg
    サンドロ・ボッティチェリ「神秘の降誕」(1500)



    posted by JEEPSTAR at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | *images | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年08月22日

    フェルメール「占星術師」


    ver_astro.jpg
    Johannes Vermeer, Astrolog

    17世紀オランダの画家ヨハネス・フェルメール(「真珠の耳飾の少女」が人気ありますね)の作品。現存し真作とされる36(?)作のうちの一枚です。光と影のコントラストはまさにフェルメール。
    東京都美術館では『フェルメール展〜光の天才画家とデルフトの巨匠たち〜』開催中です。12月14日まで。
    http://www.tbs.co.jp/vermeer/






    posted by JEEPSTAR at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | *images | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年08月07日

    ボッティチェリ「ヴィーナスとマルス」

    venus_and_mars.jpg


    フィレンツェ派の代表的な画家ボッティチェリの神話画(1483)。愛と美の女神ヴィーナスと戦いの神マルスのカップル。寝台の装飾画として依頼されたという。
    占星術では、金星(ヴィーナス)は愛をつかさどり、男性にとっての恋人像をあらわす。火星(マルス)はセックスをつかさどり、女性にとっての恋人像をあらわす。ヴィーナスとマルスはギリシャ神話の代表的なカップルの一つだけれど、ヴィーナスにはウルカノスという夫がいるのだから、いわば不倫のカップルです。

    posted by JEEPSTAR at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | *images | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年06月14日

    E.R.ヒューズ「夜が星を引き連れて」

    train_star.jpg

    Night with Her Train of Stars/Edward Hughes

    ラファエル前派の画家エドワード・ロバート・ヒューズの作品「夜が星を引き連れて」。

    ヴィジュアル系バンドにも影響をあたえた黒百合姉妹のアルバム「夜が星をしたがえて」はこの絵をカバーにしていて、タイトルもこの絵にもとづいています。

    この絵はタナトス(死への憧れ)をテーマにした画集『黄泉の女たち』の表紙にもなっています。



    posted by JEEPSTAR at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | *images | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする