アクセスの多いエントリー

    ★☆★NEWS★☆★2018年ボイドタイム新月・満月一覧表をUPしました!

    2017年10月23日

    エクセルでハーモニクス(調波)を計算

    ネットでふと目にとまったブログ記事。
    「ハーモニクス占星術」 調波をエクセルで計算してみる
    http://d.hatena.ne.jp/small-eco/20161215/p1
    ※えこ様のブログ「好きこそものの上手になあれ」中のエントリ。

    リンク先からの孫引きになりますが・・・

    ハーモニクス(調波)とは「ネイタルチャートの感受点の位置(黄道度数)に一定の度数を掛けた(乗じた)値で新たに作成したホロスコープを用いた占星術」。
    「ネイタルチャートを基本とした一般的な占星術では、「あなたはどんな人でどんな人生を送るのか」がわかり、ハーモニクス占星術では、「その人生にはどんな意義があるのか」ということがわかる、と表現できるでしょう」。
    神谷充彦『ハーモニクス占星術』説話社


    ハーモニクスチャートでは
    その人の年齢ごとの特質や、才能などを読み出すことができますが
    計算に手数がかかり手計算するとかなり面倒なことになります。

    もちろん今ではこの機能を持ったホロスコープソフトが
    少なくはありません。

    そこをあえてエクセルでやってみるという・・・
    具体的な手順はリンク先でごらんください。


    余談ですが・・・
    ホロスコープソフトではソフト毎にデータ形式がちがい
    なかなかソフト間で共有できなくて不便なのですが
    これもおそらくひと工夫すれば
    エクセルで変換できるようになると思います。

    Microsoft Office Home and Business 2016 (最新)|カード版|Win対応

    ハーモニクスについての専門書:
    神谷充彦『ハーモニクス占星術』説話社
    石川源晃『調波・占星学入門』平河出版社 
    松村潔『ハーモニクス占星術』学研エルブックス(入手困難)

    ハーモニクスをサポートしたホロスコープで
    入手しやすいものをあげておきます。
    Stargazerでは書籍付属版・ネット版双方で可能
    AstrologおよびAstolog32でも可能です。
    参考:西洋占星術ホロスコープソフトガイド
    https://jeepstar.monolith.jp.net/g/soft.html
    posted by JEEPSTAR at 21:05 | Comment(0) | *12星座と西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2017年10月21日

    金星星座で見る愛情傾向

    このブログにアクセス数の多い記事ランキングを
    表示するようにして一ヶ月ほどたつのですが
    やはり恋愛関係の記事の人気が高いですね。
    そこで愛情傾向についてベーシックな部分をとりあげます。

    ご存知の方も多いかと思うのですが
    愛情傾向は太陽星座よりも金星星座にストレートに出ます。
    この記事では金星の入る星座ごとの愛情傾向について解説します。
    ※これについてはだいたい男女とも同様です。


    金星星座はこちらで確認してください。
    金星星座一覧表 [1950年-2005年]


    ★金星が牡羊座:
    一目惚れ体質。駆け引きが苦手で好きになったら押しまくる傾向。
    ただしダメとなったら後腐れがなくさっぱりしている。

    ★金星が牡牛座:
    好きになるまで時間がかかる。好きになると執着。
    高価なプレゼントをされると嬉しい。いろいろと打算的。

    ★金星が双子座:
    会話が楽しめる事が大事。飽きっぽく浮気性。
    さびしがりやだが束縛されるのはイヤ。

    ★金星が蟹座:
    世話好きで母性的な愛情を注ぐ。とても心配性。
    相手によってはお節介と思われるかも。

    ★金星が獅子座:
    ドラマティックな展開に酔う。特別扱いされたい。
    プライドが高いので拒否されるのを恐れ慎重。

    ★金星が乙女座:
    理想が高すぎたり批判的すぎるため恋愛の数は少ない傾向。
    奥手で未経験率が高い。しかし開き直るとガラっと変わる。

    ★金星が天秤座:
    洗練された恋を求める。容姿やセンスにはこだわる。
    自分とのつりあいを重要視するので無理な恋はしない。
    どろどろした関係は嫌い。

    ★蠍座:
    身も心も溶け合う恋を求める。好きな人にしか本心を見せない。
    独占欲・嫉妬心が強い。裏切られると相手を許せない。
    なのでどろどろした展開になりやすい。

    ★金星が射手座:
    熱しやすく醒めやすい。ハンター気質なので手に入ると醒めてしまう。
    お互いの自由を尊重したい傾向。べったりした関係は嫌い。

    ★金星が山羊座:
    真面目な恋愛。誰に紹介しても恥ずかしくないキッチリとした相手を求める。
    誠実なのでいい加減な口約束をしたりはしない。

    ★金星が水瓶座:
    クールな恋愛。友人感覚が大事。来るもの拒まず去るもの追わず。
    別れても友人でいられる。

    ★金星が魚座:
    受身。同情心が愛情にかわりやすい。好きな人のためなら何でもあり。
    甘えたり、甘やかしたりする傾向が強い。


    いかがでしょうか?
    あなた自身や周囲の人にも
    ズバリ当てはまる人がいると思います・・・。


    ※金星星座以外にも出生ホロスコープの5室の状態や
    太陽・月・火星も恋愛傾向には関わってきます。
    そういったことも含めた愛情傾向や縁のあるタイプ、
    恋愛が結婚にむすびつくかどうか、
    出会いの場所やっきかけ・・・などなどについては
    JEEPSTARの占星術鑑定で読ませていただきます。
    https://jeepstar.monolith.jp.net/s/sogo1.html

    関連記事:
    危険な愛欲・金星と冥王星
    キレイな女性とモテる女性のちがいは?
    悲観的な愛情・金星と土星のハードアスペクト
    タグ:恋愛 金星
    posted by JEEPSTAR at 22:57 | Comment(0) | *12星座と西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2017年10月11日

    ルル・ラブア『愛蔵版ルル・ラブアの西洋占星術』発売延期中

    学研エル・ブックスから発売予定のルル・ラブア女史の
    『愛蔵版 ルル・ラブアの西洋占星術』
    今春以来予約受け付け中のままずっと発売が延期になっています。
    このブログをPC版でごらんになっている方は
    Amazonのウイジェットにも告知が出ていて気になっていたのでは?

    『愛蔵版 ルル・ラブアの西洋占星術』は
    これまで学研エル・ブックスから出ていた同著者の
    『アスペクト占星術』(1991年/新版2005年)および
    『ホロスコープ占星術』(1993年)の
    二冊を編集してまとめたものだとのこと。

    この二冊は続き物として出版されたのではなく
    それぞれが入門書的な形で出版されたため
    基本的な内容の説明など重複しているところがあったのです。
    ですから今回の『愛蔵版』ではそのあたりが調整されているはず。

    また『アスペクト占星術』の新版では
    巻末の簡易天文歴が追加(2020年まで)されるとともに
    雑誌『エルフィン』連載のエッセーが増補意されていました。
    このエッセーは今では読めないものとなっているので
    やはり愛蔵版に収められるかと思われます。

    なお二冊の元版がでてまもなく
    実業之日本社から『占星学』(2005年)が出ています。
    先の二冊とほぼそのまま重複するような部分もあって
    当時、業界で批判が出たこともありましたが
    そこは出版社や編集サイドの責任でもあったでしょう。
    こちらははじめから一冊の本としてまとめられたものですので
    JEEPSTARのサイトの西洋占星術入門ガイドにおいても
    どれか一冊ということならこれをおすすめしてきました。
    今でも定番の入門書です。

    今年2017年春にその『占星学』の新装版が刊行され
    同時期に『愛蔵版ルル・ラブアの西洋占星術』の
    刊行予告がでて予約を受け付けていたのですが
    (版元ドットコムの登録日は2017年2月6日)
    数度の延長を経て現在では2018年2月27日発売予定となっています。
    あるいは『占星学』の新版と時期が重なったことと
    関係があるのかもしれません。
    この『愛蔵版』が出ればこちらの方が全体として
    分量は多い本ということになりますし
    収録エッセーはそれだけでも価値があるでしょう。
    愛蔵版ということもあって高価でもあります。
    ただ現在のところ表紙画像すら発表されておらず
    今後どうなるのか気になるところです。

    ご参考に元版の目次を転載しておきます。

    『アスペクト占星術』(新版2005年)
    序章 アストロロジーとは何か?
    第1章 アスペクトは運命を語る
    第2章 性格の章
    第3章 大惑星がつくる世代の性格
    第4章 才能と適性の章
    第5章 人生の章
    第6章 愛と結婚の章
    第7章 未来予知の章
    補章 星を読むということ
    ※未来予知はプログレスのみ
    ※2020年までの簡易天文歴つき

    『ホロスコープ占星術』(1993年)
    占星術「アストロロジー」とは?
    星の運行と人間の運命
    ホロスコープ作成法
    12星座と惑星の特性
    天球12室と座相の特性
    ホロスコープの解読(惑星と星座を読む
    天球12室を読む
    アスペクトを読む)
    ホロスコープの解読例
    未来予知の方法
    ※未来予知はトランジットのアスペクトのみ

    『愛蔵版 ルル・ラブアの西洋占星術』予約受け付け

    posted by JEEPSTAR at 19:00 | Comment(0) | *12星座と西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2017年08月08日

    獅子座女性のイメージと実際のギャップ

    獅子座の女性というとどんなイメージがあるでしょうか?

    一般的によく言われるのは・・・
    自己顕示欲が強く目立ちたがりや
    言動が派手で大袈裟、芝居がかっている
    服装やメイクも派手
    自分が一番でなくてはイヤな女王気質
    お世辞には弱い、結構寛容だったりする。
    ・・・といったところでしょうか。

    ドレッシーでケバく偉そうな感じがします。
    テレビドラマで地味な主人公の娘の強力なライバルか
    もしくは主人公をイジメるリーダー格みたいな感じです。
    アメリカだとチアリーダーを務める「女王蜂」型。

    しかし獅子座の女性にはまったくそんな感じがなくて
    そんな獅子座像に違和感がある人がいたりします。
    また、男性で金星が獅子座に持っている人
    つまり獅子座的女性がタイプのはずの男性で
    やはり上記のような女性はまったく好きでない
    というような人がいます。

    そこであらためて現実の獅子座女性が
    どんな感じだったりするか考えてみると・・・
    健康的で元気で天真爛漫で素朴!
    ・・・だったりするんですね。

    夏休みに田舎の山や川があるようなところで
    黒髪のストレートで木綿のワンピースを着て
    スッピンもしくは口紅だけつけて麦藁帽子を被っている
    ・・・絵的にはこんな感じですね。

    これだけだと乙女座っぽくもあるのですが
    健康的・元気・天真爛漫というところがポイントです。

    無防備な態度で走り回ったりする。
    喜怒哀楽は激しい。
    大声で笑ったり、時にむくれて黙りこんだりする。
    やはり自分の思いを伝えたいというような
    自己表現の気持ちは強い。
    絵を描いたり楽器を演奏したりなどは好き。
    みたいな感じです。

    自己表現欲求が場合によっては派手な服装などに
    つながることもあるといったところでしょうか。
    各星座に言動も含めて根っこになる特徴みたいなものがあって
    それが結果的にどのような形で表に出るか
    その表に出るパターンから典型が作られるわけですが
    ちょっとちがった出方をすることもある、
    特徴の出方にも何パターンかあるということです。
    たとえば乙女座や蟹座でも地味で真面目そうな人と
    一見とてもチャラい感じの人に分かれたりします。
    一見チャライ場合でも根は真面目だったりします。
    posted by JEEPSTAR at 22:56 | Comment(2) | *12星座と西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2017年07月08日

    相性が良いと長続きするというのはまちがい

    今回は相性についての一般的まちがいについて
    とり上げようと思います。

    一般に恋愛や結婚などの相性で
    相性が良ければつづくはず、とか
    相性が悪ければつづかない、とか
    考えている人がいます。

    そして占いで相性が悪いはずなのに
    実際にはつづいているのはおかしいとか
    占いで相性が良いはずなのに
    あのカップルはすぐ別れたから
    本当は相性が良くないのだ
    ・・・・とかいうことになります。

    しかしこういった考え方は間違っているのです。
    相性が良いか悪いかというのと
    つづくかどうかというのはそもそも別問題。

    ザックリ言って世の中には
    “あっさりしていて変化を求めるタイプの人”と
    “安定継続をもとめ執着心の強い人”がいます。

    安定を求めるもの同志が長いあいだ
    恋人関係や婚姻関係がつづいているというのは
    確かにお互いの方針が一致した結果であり
    その点で相性が良いということができます。

    しかし変化を求める人どおしの仲ではどうでしょうか?
    お互いが関係に新鮮味を感じられなくなり
    他の人に気持ちがうつる。
    そしてそのことをお互いに理解しあっている。
    そんな二人が相互の同意のもとに別れるのは
    むしろ価値観が一致しており相性が良く
    二人の生き方や人生方針が一致している結果なのです。
    もちろんそんな二人がお互いに浮気を公認しながら
    生活のパートナーとして継続している場合もあるでしょう。
    いずれにせよ長続きしているかどうかは
    相性の良し悪しの絶対基準ではないのです。

    では相性が悪いというのはどういう場合かといえば
    それは“あっさりしていて変化を求めるタイプの人”と
    “安定継続をもとめ執着心の強い人”とが
    組み合わさった場合です。

    あっさりした人が別れようと思っても
    安定を求める人は別れようとしません。

    もし二人が別れたとしたらその場合には
    安定を求める人の側が妥協し犠牲になっているのです。
    逆にその二人が継続しているとしたら
    それはあっさりした変化を求める人の側が
    妥協して犠牲になっているのです。
    実際、一方が別れたいのに相手が別れてくれない、
    離婚に応じてくれないといった例は世の中に多々あります。
    それで形だけ続いていても相性が良いとはいえません。

    太陽12星座レベルでいえば
    “あっさりしていて変化を求めるタイプ”の筆頭は
    射手座と双子座ということになるでしょう。
    “安定継続をもとめ執着心の強い人”は
    やはり牡牛座と蠍座です。

    もちろん太陽12星座レベルだけでは見切れないところがあります。
    ここからは西洋占星術の専門的な話になりますが
    原則的に不動星座に星が偏っている人や
    土星・冥王星が効いている人は
    “安定継続をもとめ執着心の強い人”となりますし
    柔軟星座偏っていたり天王星が強く効いている人は
    “あっさりしていて変化を求めるタイプ”となります。

    そういうこととは別個に縁の強さという観点からみれば
    二人の出生図を重ねるなどした場合の土星の配置が効きます。
    太陽や月(ライツ)への土星のタイトな合が
    あれば強く長い縁になります。
    ライツへの土星の不調和があれば
    ライツの側で息苦しさがありつつ切れにくい縁となります。
    特にドラゴンヘッド(ノースノード)が絡むと
    前世からの因縁があるとするような説もあります。

    ですから恋愛や結婚の相性を見るさいには
    二人の出生ホロスコープ全体を見て
    相性自体は良いのか悪いのか、
    縁としては強いか・長続きするかを
    詳細に検討することになります。

    ★JEEPSTARの西洋占星術相性鑑定の案内
    http://jeepstar5th.web.fc2.com/s/sogo2.html

    ----------------------------------------------------

    VelvetMoon過去記事から:

    ★12星座の相性・衝突のポイント
    http://velvetmoon.seesaa.net/article/150309567.html

    ★キレイな女性とモテる女性
    http://velvetmoon.seesaa.net/article/103509697.html

    ★男性の誕生日と理想の恋人像の法則
    http://velvetmoon.seesaa.net/article/117015150.html

    ★相性・シナストリーとコンポジットのちがい
    http://velvetmoon.seesaa.net/article/423526114.html

    ★相性占星術の洋書解説書メモ
    http://velvetmoon.seesaa.net/article/260101358.html

    posted by JEEPSTAR at 07:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | *12星座と西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2016年11月22日

    ラブスタイル類型論と12星座

    最近twitterやtumblrで恋愛スタイルの一覧表が
    流れて話題になっています。
    高校の倫理の教科書の画像らしいです。
    これはジョン・アラン・リーが
    著書『The Colors of Love』(1973)で提唱した
    恋愛態度(ラブスタイル)の分類法で
    心理的尺度としてLASやLETS-2があるとのこと。

    エロス型 (Eros)情熱的恋愛
    ストーゲイもしくはストルゲ型 (Stroge)友愛の恋愛
    ルダス 型(Ludus)遊びの恋愛
    マニア 型(Mania)偏執狂的な愛
    プラグマ型(Pragma)計算高い恋愛
    アガペー型 (Agape)自己犠牲的恋愛

    詳しい説明は画像で確認してください。

    lovestyle.jpg

    この分類を12星座で考えてみましょう。

    エロス (Eros)情熱的恋愛:
    何と言っても牡羊座の恋愛です。
    一目惚れして一直線に押していく。
    その他も含めて火の星座はこのような傾向性あり。
    射手座もこういうこところがあります。
    相手の都合とか関知せず押せ押せです。
    獅子座も基本はこうですがプライドが高いので
    自分からはなかなか行けなかったりする。
    ロマンチックな乙女座は燃えても行動に移せないかも。

    ストーゲイ (Stroge)友愛の恋愛:
    これは水瓶座ですね。
    同性の友情と異性の恋愛との間に
    線引きしない傾向があります。
    さっぱりと友達に戻れるという意味では
    双子座も該当するでしょう。
    性的なことにおそれのある乙女座も
    友達感覚を大事にします。

    ルダス (Ludus)遊びの恋愛:
    双子座や天秤座はこういう傾向があります。
    恋愛もコミュニケーションの一種ととらえています。
    射手座は本気の相手にはエロスですが遊びの恋もします。
    モノにする過程自体を愉しむので持続性はない。
    ごたごたとこじれるのは嫌いです。
    相手を気分良くさせる技術が高いのでクセものです。

    マニア (Mania)偏執狂的な愛:
    これはダントツで蠍座ですね。
    思い込みが激しく相手のことはあまり考えない。
    一度執着心が生じるとなかなか諦められない。
    それと牡牛座もこの傾向があります。
    蠍座や牡牛座は独占欲・嫉妬心が強いですね。
    獅子座もこじらせるとこうなります。
    つまりは水瓶座以外の不動星座です。

    プラグマ (Pragma)計算高い恋愛:
    これは山羊座と牡牛座が該当します。
    山羊座は家柄・地位・名誉にこだわる。
    牡牛座もそうですがより財産にこだわります。
    名誉や財産のためと割り切った結婚をします。
    というかそういったものを持っている人が
    好きなのだとも解釈できますが。

    アガペー (Agape)自己犠牲的恋愛:
    圧倒的に魚座です。
    相手のためになること自体が喜びなのです。
    次点は面倒見の良い蟹座ですね。
    ただ蟹座は魚座とちがって
    相手からの感謝がないとムクれます。


    ちょっと占星学的なコメントもつけておきますね。

    もちろん太陽星座だけで割り切れることではなくて
    やっぱり金星の星座の影響も大きいでしょう。

    それと出生時の惑星のからみということでいえば・・・
    マニアは冥王星が効いているタイプ。
    金星と冥王星のハードとか、5室冥王星とか。
    プラグマは土星が効いているタイプでしょう。
    アガペーは海王星が効いているタイプで
    7室海王星だと依存的な人を引き寄せたり
    そうでなくても相手を依存的にさせてしまったりします。


    ラブスタイルの元ネタとなっている本↓
    The Colors of Love: Treasured Wisdom on the Family (English Edition)
    The Colors of Love: Treasured Wisdom on the Family

    ※洋書ですがAmazon.jpであつかいあり。

    この記事を見たあなたにオススメの記事:
    キレイな女性とモテる女性のちがいは?
    http://velvetmoon.seesaa.net/article/103509697.html
    「恋愛上手なイメージ」の星座ランキングについて
    http://velvetmoon.seesaa.net/article/142932937.html
    危険な愛欲・金星と冥王星
    http://velvetmoon.seesaa.net/article/105919670.html
    posted by JEEPSTAR at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | *12星座と西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2016年07月18日

    天動説と地動説の惑星軌道比較


    太陽系の惑星軌道を天動説モデルと地動説モデルの
    比較GIFアニメがネットで拡散され話題になりました。

    solar_system.gif

    ただ天動説になじんでいる人からすれば特に右は違和感がありますね。
    このアニメは地球中心座標系と太陽中心座標系の比較に主眼をおいたもので
    惑星の運行速度のちがいも軌道間の距離もまったく無視しており
    右も古代〜中世のいわゆる天動説のモデルとは異なっています。
    (地球と火星の距離をもっととればその間に太陽軌道が入るのですが・・・)
    出典は海外の数学のフォーラムですね。
    http://www.malinc.se/math/trigonometry/geocentrismen.php

    プトレマイオスの天動説では地球を中心とする同心円を想定し
    惑星の逆行現象についてはそれぞれの惑星がその軌道を周りつつ
    (配置順として水星-金星-太陽-火星-木星-土星)
    軌道上で小さな円(周転円)上で円周運動をしていると解釈していたのです。
    古代ローマ時代に宗教的理由で弾圧された
    悲劇の女性天文学者ヒュパティアを描く映画『アレクサンドリア』でも
    最初の方ではそのような立体模型が出てきます。

    さて、占星学への批判の定番の一つに
    古い天動説モデルに依拠しているのがおかしいという説がありますが
    地球視点から見た相対的位置関係は昔も今もかわりません。
    さらに宇宙全体が運動しているとなると
    そもそもどこかに中心点を設定するということ自体が
    相対的な設定にすぎないのではないでしょうか。

    なお天動説モデルにしたがってホロスコープを作図する
    ヘリオサントリック占星学の研究もすすめられていますが
    今のところそれひど普及はしていない様子です。
    ※参考:松村潔『ヘリオセントリック占星術』

    posted by JEEPSTAR at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | *12星座と西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする