アクセスの多いエントリー

    ★☆★NEWS★☆★2017年ボイドタイム表[新月/満月つき]をUPしました!

    2017年08月08日

    獅子座女性のイメージと実際のギャップ

    獅子座の女性というとどんなイメージがあるでしょうか?

    一般的によく言われるのは・・・
    自己顕示欲が強く目立ちたがりや
    言動が派手で大袈裟、芝居がかっている
    服装やメイクも派手
    自分が一番でなくてはイヤな女王気質
    お世辞には弱い、結構寛容だったりする。
    ・・・といったところでしょうか。

    ドレッシーでケバく偉そうな感じがします。
    テレビドラマで地味な主人公の娘の強力なライバルか
    もしくは主人公をイジメるリーダー格みたいな感じです。
    アメリカだとチアリーダーを務める「女王蜂」型。

    しかし獅子座の女性にはまったくそんな感じがなくて
    そんな獅子座像に違和感がある人がいたりします。
    また、男性で金星が獅子座に持っている人
    つまり獅子座的女性がタイプのはずの男性で
    やはり上記のような女性はまったく好きでない
    というような人がいます。

    そこであらためて現実の獅子座女性が
    どんな感じだったりするか考えてみると・・・
    健康的で元気で天真爛漫で素朴!
    ・・・だったりするんですね。

    夏休みに田舎の山や川があるようなところで
    黒髪のストレートで木綿のワンピースを着て
    スッピンもしくは口紅だけつけて麦藁帽子を被っている
    ・・・絵的にはこんな感じですね。

    これだけだと乙女座っぽくもあるのですが
    健康的・元気・天真爛漫というところがポイントです。

    無防備な態度で走り回ったりする。
    喜怒哀楽は激しい。
    大声で笑ったり、時にむくれて黙りこんだりする。
    やはり自分の思いを伝えたいというような
    自己表現の気持ちは強い。
    絵を描いたり楽器を演奏したりなどは好き。
    みたいな感じです。

    自己表現欲求が場合によっては派手な服装などに
    つながることもあるといったところでしょうか。
    各星座に言動も含めて根っこになる特徴みたいなものがあって
    それが結果的にどのような形で表に出るか
    その表に出るパターンから典型が作られるわけですが
    ちょっとちがった出方をすることもある、
    特徴の出方にも何パターンかあるということです。
    たとえば乙女座や蟹座でも地味で真面目そうな人と
    一見とてもチャラい感じの人に分かれたりします。
    一見チャライ場合でも根は真面目だったりします。
    posted by JEEPSTAR at 22:56 | Comment(2) | *12星座と西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2017年07月08日

    相性が良いと長続きするというのはまちがい

    今回は相性についての一般的まちがいについて
    とり上げようと思います。

    一般に恋愛や結婚などの相性で
    相性が良ければつづくはず、とか
    相性が悪ければつづかない、とか
    考えている人がいます。

    そして占いで相性が悪いはずなのに
    実際にはつづいているのはおかしいとか
    占いで相性が良いはずなのに
    あのカップルはすぐ別れたから
    本当は相性が良くないのだ
    ・・・・とかいうことになります。

    しかしこういった考え方は間違っているのです。
    相性が良いか悪いかというのと
    つづくかどうかというのはそもそも別問題。

    ザックリ言って世の中には
    “あっさりしていて変化を求めるタイプの人”と
    “安定継続をもとめ執着心の強い人”がいます。

    安定を求めるもの同志が長いあいだ
    恋人関係や婚姻関係がつづいているというのは
    確かにお互いの方針が一致した結果であり
    その点で相性が良いということができます。

    しかし変化を求める人どおしの仲ではどうでしょうか?
    お互いが関係に新鮮味を感じられなくなり
    他の人に気持ちがうつる。
    そしてそのことをお互いに理解しあっている。
    そんな二人が相互の同意のもとに別れるのは
    むしろ価値観が一致しており相性が良く
    二人の生き方や人生方針が一致している結果なのです。
    もちろんそんな二人がお互いに浮気を公認しながら
    生活のパートナーとして継続している場合もあるでしょう。
    いずれにせよ長続きしているかどうかは
    相性の良し悪しの絶対基準ではないのです。

    では相性が悪いというのはどういう場合かといえば
    それは“あっさりしていて変化を求めるタイプの人”と
    “安定継続をもとめ執着心の強い人”とが
    組み合わさった場合です。

    あっさりした人が別れようと思っても
    安定を求める人は別れようとしません。

    もし二人が別れたとしたらその場合には
    安定を求める人の側が妥協し犠牲になっているのです。
    逆にその二人が継続しているとしたら
    それはあっさりした変化を求める人の側が
    妥協して犠牲になっているのです。
    実際、一方が別れたいのに相手が別れてくれない、
    離婚に応じてくれないといった例は世の中に多々あります。
    それで形だけ続いていても相性が良いとはいえません。

    太陽12星座レベルでいえば
    “あっさりしていて変化を求めるタイプ”の筆頭は
    射手座と双子座ということになるでしょう。
    “安定継続をもとめ執着心の強い人”は
    やはり牡牛座と蠍座です。

    もちろん太陽12星座レベルだけでは見切れないところがあります。
    ここからは西洋占星術の専門的な話になりますが
    原則的に不動星座に星が偏っている人や
    土星・冥王星が効いている人は
    “安定継続をもとめ執着心の強い人”となりますし
    柔軟星座偏っていたり天王星が強く効いている人は
    “あっさりしていて変化を求めるタイプ”となります。

    そういうこととは別個に縁の強さという観点からみれば
    二人の出生図を重ねるなどした場合の土星の配置が効きます。
    太陽や月(ライツ)への土星のタイトな合が
    あれば強く長い縁になります。
    ライツへの土星の不調和があれば
    ライツの側で息苦しさがありつつ切れにくい縁となります。
    特にドラゴンヘッド(ノースノード)が絡むと
    前世からの因縁があるとするような説もあります。

    ですから恋愛や結婚の相性を見るさいには
    二人の出生ホロスコープ全体を見て
    相性自体は良いのか悪いのか、
    縁としては強いか・長続きするかを
    詳細に検討することになります。

    ★JEEPSTARの西洋占星術相性鑑定の案内
    http://jeepstar5th.web.fc2.com/s/sogo2.html

    ----------------------------------------------------

    VelvetMoon過去記事から:

    ★12星座の相性・衝突のポイント
    http://velvetmoon.seesaa.net/article/150309567.html

    ★キレイな女性とモテる女性
    http://velvetmoon.seesaa.net/article/103509697.html

    ★男性の誕生日と理想の恋人像の法則
    http://velvetmoon.seesaa.net/article/117015150.html

    ★相性・シナストリーとコンポジットのちがい
    http://velvetmoon.seesaa.net/article/423526114.html

    ★相性占星術の洋書解説書メモ
    http://velvetmoon.seesaa.net/article/260101358.html

    posted by JEEPSTAR at 07:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | *12星座と西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2016年11月22日

    ラブスタイル類型論と12星座

    最近twitterやtumblrで恋愛スタイルの一覧表が
    流れて話題になっています。
    高校の倫理の教科書の画像らしいです。
    これはジョン・アラン・リーが
    著書『The Colors of Love』(1973)で提唱した
    恋愛態度(ラブスタイル)の分類法で
    心理的尺度としてLASやLETS-2があるとのこと。

    エロス型 (Eros)情熱的恋愛
    ストーゲイもしくはストルゲ型 (Stroge)友愛の恋愛
    ルダス 型(Ludus)遊びの恋愛
    マニア 型(Mania)偏執狂的な愛
    プラグマ型(Pragma)計算高い恋愛
    アガペー型 (Agape)自己犠牲的恋愛

    詳しい説明は画像で確認してください。

    lovestyle.jpg

    この分類を12星座で考えてみましょう。

    エロス (Eros)情熱的恋愛:
    何と言っても牡羊座の恋愛です。
    一目惚れして一直線に押していく。
    その他も含めて火の星座はこのような傾向性あり。
    射手座もこういうこところがあります。
    相手の都合とか関知せず押せ押せです。
    獅子座も基本はこうですがプライドが高いので
    自分からはなかなか行けなかったりする。
    ロマンチックな乙女座は燃えても行動に移せないかも。

    ストーゲイ (Stroge)友愛の恋愛:
    これは水瓶座ですね。
    同性の友情と異性の恋愛との間に
    線引きしない傾向があります。
    さっぱりと友達に戻れるという意味では
    双子座も該当するでしょう。
    性的なことにおそれのある乙女座も
    友達感覚を大事にします。

    ルダス (Ludus)遊びの恋愛:
    双子座や天秤座はこういう傾向があります。
    恋愛もコミュニケーションの一種ととらえています。
    射手座は本気の相手にはエロスですが遊びの恋もします。
    モノにする過程自体を愉しむので持続性はない。
    ごたごたとこじれるのは嫌いです。
    相手を気分良くさせる技術が高いのでクセものです。

    マニア (Mania)偏執狂的な愛:
    これはダントツで蠍座ですね。
    思い込みが激しく相手のことはあまり考えない。
    一度執着心が生じるとなかなか諦められない。
    それと牡牛座もこの傾向があります。
    蠍座や牡牛座は独占欲・嫉妬心が強いですね。
    獅子座もこじらせるとこうなります。
    つまりは水瓶座以外の不動星座です。

    プラグマ (Pragma)計算高い恋愛:
    これは山羊座と牡牛座が該当します。
    山羊座は家柄・地位・名誉にこだわる。
    牡牛座もそうですがより財産にこだわります。
    名誉や財産のためと割り切った結婚をします。
    というかそういったものを持っている人が
    好きなのだとも解釈できますが。

    アガペー (Agape)自己犠牲的恋愛:
    圧倒的に魚座です。
    相手のためになること自体が喜びなのです。
    次点は面倒見の良い蟹座ですね。
    ただ蟹座は魚座とちがって
    相手からの感謝がないとムクれます。


    ちょっと占星学的なコメントもつけておきますね。

    もちろん太陽星座だけで割り切れることではなくて
    やっぱり金星の星座の影響も大きいでしょう。

    それと出生時の惑星のからみということでいえば・・・
    マニアは冥王星が効いているタイプ。
    金星と冥王星のハードとか、5室冥王星とか。
    プラグマは土星が効いているタイプでしょう。
    アガペーは海王星が効いているタイプで
    7室海王星だと依存的な人を引き寄せたり
    そうでなくても相手を依存的にさせてしまったりします。


    ラブスタイルの元ネタとなっている本↓
    The Colors of Love: Treasured Wisdom on the Family (English Edition)
    The Colors of Love: Treasured Wisdom on the Family

    ※洋書ですがAmazon.jpであつかいあり。

    この記事を見たあなたにオススメの記事:
    キレイな女性とモテる女性のちがいは?
    http://velvetmoon.seesaa.net/article/103509697.html
    「恋愛上手なイメージ」の星座ランキングについて
    http://velvetmoon.seesaa.net/article/142932937.html
    危険な愛欲・金星と冥王星
    http://velvetmoon.seesaa.net/article/105919670.html
    posted by JEEPSTAR at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | *12星座と西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年08月03日

    相性・シナストリーとコンポジットのちがい

    実際、一見価値観も折り合わずケンカの多い二人が
    結婚するとうまく行っている場合がある一方で
    趣味も考え方も一致して、はた目にも一見調和的にみえて
    うまく行かない場合もあります。
    これは占星術ではどのように読み取れるでしょうか?
    ※この記事はやや専門的な話になります。
    相性の基本については↓こちら↓の記事をどうぞ。
    西洋占星術で相性を読む[基本編]
    西洋占星術で相性を読む[技法編]

    人と人との相性を見るための
    西洋占星学の代表的な技法として二つあります。
    まずシナストリー(チャート対照)。
    ふたりのチャートをそのまま重ね合わせて
    互いの星の配置の絡みから相性を見る。
    そしてにコンポジット。
    ふたりのチャートを中間値で合成して
    二人を一組の運命共同体としつつ二人の関係性を読む。
    (※それぞれ三人以上を重ねて合わせて見るのも可能です)

    synastry.jpg

    恋愛や結婚というようなテーマについては
    離れて住んでいる恋人の相性の場合は
    シナストリーでも充分かもしれませんが
    結婚したカップルだったり、そうでなくとも
    長期にわたったり共に暮らしていたりする場合には
    二人で一つの存在として見る観点が必要になってきます。
    ところがシナストリーで見えてくる相性と
    コンポジットで見えてくる関係性とに
    ギャップが生じる場合があります。
    だからこそ両方見ることがのぞましいとも言えますが・・・。

    ここでは二人の太陽星座と月星座の組合せを
    サイン(星座)アスペクトに限定して考えます。

    シナストリー的に見れば結婚で良いとされるのは
    男性の月と女性の太陽の一致もしくは調和です。
    一般的にやはり太陽同士、月同士あるいは
    一方の太陽と相手の月の一致・調和が望ましいとされています。
    コンポジット・チャートでは
    合成した結果において太陽と月が一致・調和していることが
    のぞましいとされています。
    太陽と月が不調和だと共にいてリラックスできない、
    というようなことになります。
    また男女のシナストリーでは180度は例外的に良しとも
    判断することができるのですが
    コンポジットでは逆に友人関係・ビジネス関係の場合に
    刺激となって良いよいです。

    以下いくつかのパターンに分けて考えますが
    具体例は各自確かめてみてください・・・・。

    二人の太陽と月の計4つが
    同じか調和するエレメント[火-土-風-水]にある場合、
    つまり60度か120度の位置関係にある場合は
    コンポジットでも太陽と月が一致・調和しやすいです。
    特に4つとも同じエレメントの場合は必ず調和します。

    逆に二人の太陽と月の計4つが、3区分において
    同じクオリティー[活動-不動-柔軟]で不調和な場合
    つまり90度か180度の不調和な位置関係にある場合
    コンポジットでも太陽・月が不調和になりやすいです。
    しかし合=コンジャンクションとなるケースもでてきます。
    (90度でお互いの太陽・月を交換し合っているケース)

    二人それぞれのチャートで太陽と月が不調和で
    それも一方の出生図でインコンジャクション=150度の場合、
    シナストリーでは一見不調和が目立つにもかかわらず
    (一方の太陽と、他方の太陽および月でT字を組むなど)
    コンポジットでは太陽と月が調和するケースがあり
    逆にシナストリーで太陽同士・月同士が調和していても
    コンポジットで太陽と月が不調和になるケースがでてきます。

    上記の90度・180度がらみ、150度がらみのいずれの場合も
    コンポジットで太陽と月が調和する結果になりうるのは
    一方の太陽と相手の月の調和という条件が満たされる場合です。
    つまりシナストリーにおける、
    一方の太陽と他方の月の一致の優位性は
    ある程度以上コンポジットにも反映する、ということです。

    もちろん他の惑星配置なども重要だったりしますが、
    とりあえず太陽と月のサインの組み合わせからだけ考えてみても
    シナストリーとコンポジットとで
    印象ががらりと変わる場合があるということあり、
    関係が深くなるにつれて関係そのものが変わってくる場合には
    この違いが反映しているのでしょう。
    コンポジットで見えてくる要素は
    たとえ深いパートナーシップでなくとも作用はしますから
    人の相性を考える場合にはチャートが手元に無い状態でも
    せめて互いの太陽どおし・月どおしの中間値を
    ぱっと思い浮かべられるようにしておいた方がよいですね。

    ★JEEPSTARの西洋占星術相性鑑定の案内
    http://jeepstar5th.web.fc2.com/s/sogo2.html


    ★シナストリおよびコンポジットの総合解説書
    マーチ、マクエバース『アメリカ占星学教科書第2巻・相性占星学』魔女の家BOOKS
    原書:The Only Way to Learn About Relationships

    ★シナストリーの解説書
    Rod Suskin, Synastry:Understanding the Astrology of Relationships, Llewellyn
    ※最近の本ですがすでに定番です。
    鏡リュウジ『星のワークブック 【相性編】』講談社
    ※相互のアスペクトのみ

    ★コンポジットの解説書
    Robert Hand, Planets in Composite, White Press
    ※定番。ただしサインの解説無し。
    伊藤マーリン『コンポジット占星術』説話社
    ※初の日本語解説書。
    posted by JEEPSTAR at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | *12星座と西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年07月27日

    12星座の性格と相性の図が話題に

    今回は“12星座占い”的な記事です。
    このところtwitterなどで拡散して話題になっている
    12星座の性格と相性をまとめたチャートです。

    12seiza.png

    縦軸が「プラス思考」と「マイナス思考」
    横軸が「現実的」と「空想的」
    そして図の中で距離が近いか離れているかが
    相性が良いか悪いかの目安になっているとのこと。

    なかなか面白いのですが
    “常識”的な12星座解釈とは異なるところがあり、
    コメントの語句も従来の紋切り型とは異なっています。
    このあたり、作った人の個人的経験から来る実感が
    かなり多く入っているのではないでしょうか?

    ちょっと検証してみます。

    ■12星座の性格について

    バランス感覚にすぐれるとされている天秤座が
    縦軸・横軸の交わる真ん中に来ているのはなるほどですが
    「博愛主義」というのは通常、水瓶座に適用される語。
    「誰にも肩入れしない」=公平にあつかうというのと
    「博愛」はまったく馴染みが悪いように思います。
    むしろ「博愛」は水瓶座が相応しいでしょう。
    水瓶座は偏見を排し皆を横並びに尊重しようとするのです。

    双子座と魚座の性格については異論なし。
    乙女座は“乙女”ぽいロマンチストとも考えられるのですが
    現実とロマンを峻別して
    実際には「機械的」に生きるのいうのもあたっています。

    「イエー!集団」というのは、“チャラい“とか“リア充“
    を言っているのでしょうがそこに蟹座が入っているのは、
    従来のイメージとちがうようでいて納得できます。
    郷土愛が強く人から好かれるのが好きな蟹座は
    いわゆる「マイルドヤンキー」層に重なります。

    乙女座はその対極に配置されていますが、
    実は以外と「マイルドヤンキー」的な人が多かったりします。
    自分の周囲の環境に適応しようとする結果そうなるような・・・。
    (魚座と乙女座は環境に染まりやすいです)

    山羊座は本質的にはマイナス思考の星座です。
    図では、出世欲が強い=プラス思考ととらえているのか。
    価値の無い人間になることを恐れて努力する、
    努力の根底にあるのがマイナス思考・恐れの感情なのです。
    図では獅子座がそういう感情に支配されていると扱っているっぽい。

    一般的に「兄貴分」あるいは親分肌とされているのは
    牡牛座よりもむしろ、頼られるのが好きな牡羊座。
    あまり他人のことを考えてなさそうな
    牡牛座がなぜそう定義されているのか理解しかねます。
    頼まれたことを断るのが苦手ということから、
    面倒見が良いと誤解されているのか・・・。


    ■12星座の相性について

    相性・調和度という観点から見ると・・・
    ふつうはエレメントが同じ場合か、
    火・風、土・水が調和し
    同じ3区分(クオリティ)ー同士は反発しあうとされています。
    そして150度の位置関係はふつうは接点なし、となる。

     
    活動星座 牡羊座 山羊座 天秤座 蟹座 
    柔軟星座 射手座 乙女座 双子座 魚座 
    不動星座 獅子座 牡牛座 水瓶座 蠍座 

    理想主義的な水瓶座そして射手座が
    現実的な乙女座と対極にあるのは納得できるところ。
    また、開放的な射手座と閉鎖的な蠍座が
    やはり対極になるのは納得できるところです。

    現実的な乙女座と非現実的な魚座の対比についても
    基本どおりなのですが
    つけくわえておくと男女間では対照的である故に
    惹き合うのがこの組合せ(180度)です。

    獅子座と蠍座(火と水で90度の組合せ)は
    粘り強さ・ガンコさという共通点こそあれ、
    まったく反目しあうような星座です。
    図では対極の位置になっている牡牛座と魚座は
    ふつうは現実性と潤いとで補い合い支え合える相性と
    とらえる組合せです(土と水が全般にそうなのですが)。


    このように「定説」とはまったくズれた解釈で
    ある意味では斬新ですらあります。
    12星座占いか占星術の初心者がこれを
    うのみにするとちょっとあやういかなとも思えます。
    動きの遅い外惑星の配置の影響で
    12星座の性格にも、ある世代特有の色づけがあるのは確か。
    そしてこの図が、作った人の実感に基づくものならば
    作った人の生まれ年(世代)が気になるところです。


    VelvetMoon過去エントリーから:

    12星座の性格について
    12星座の基本性格は・・・

    火の星座[牡羊座・獅子座・射手座]
    地の星座[牡牛座・乙女座・山羊座]
    風の星座[双子座・天秤座・水瓶座]
    水の星座[蟹座・蠍座・魚座]

    蠍座の立ちきる決断力
    獅子座と乙女座はロマンチスト?

    12星座の相性について
    西洋占星術で相性を読む[基本編]
    西洋占星術で相性を読む[技法編]
    12星座の相性・衝突のポイント

    タグ:12星座 相性
    posted by JEEPSTAR at 07:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | *12星座と西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年06月12日

    運勢の悪い日と物忌み

    出生時の星の配置にその時々の星の運行をかけあわせる
    トランジットによる予測技法は、
    日々の運勢の流れを読む上では代表的で不可欠な技法です。

    さて運勢が悪い時をどう過すか?
    というのは重大な問題となってきます。

    ここではあえて運勢が「悪い」とします。
    最近では「良い/悪い」「吉/凶」といった
    単純な二項対立的な解釈は「古い」とさる傾向があります。
    不調和座相は決して「悪い」「凶」なのではなく
    「ハード」である、すわなち「扱いが難しい」だけであって
    関わり方次第で良くも悪くもなる、というのです。

    関り方次第、というのは本当です。
    しかし依然としてハード・難しいことは確かです。

    そこでどうトラブルを避ければ良いかという問題が出てきます。

    平安時代の貴族にははっきりした答えががありました。
    その一つが「物忌み」です。
    運が悪い期間はあえて何もせずに静かに閉じこもって過す
    その期間が過ぎれば行動を再開するという対処です。

    星の配置はつきあい方次第、という発想からすれば
    ずいぶん消極的な対処に思えるかもしれません。
    実際、現代社会の中で「物忌み」を実行するのは中々むずかしいでしょう。
    数週間以上にわたって特にハードな配置になる場合など
    なおさらむずかしいでしょう。

    しかしです。太陽から火星までの運行の早い惑星は
    数日で配置を変えていきます。
    なのでこれらの惑星がからむハードな配置の場合には
    数日〜一週間で形をかえていくので
    比較的簡単に避けることが可能です。

    仕事の交渉なりがハードな配置に当りそうな場合は
    できるかぎり数日なり一週間なり日程をずらす、
    ほぼ毎週デートしているカップルなら
    ある週はいいわけを作って会わないようにするなど
    あえて「物忌み」を実行してみる、危険に挑戦せずに逃げる、
    ・・・というのも有効な対処かと思います。

    そのような場合、月のボイドタイムはどうあつかうか?
    ボイドタイムのマイナス面はトランジット次第で緩和される説があります。
    JEEPSTARの実感としても、
    経験的にむずかしいトランジットの日か、ボイドの日か、
    という二者択一では、トランジットを優先的に考えた方が良い、
    というように思えます。

    参考:
    Robert Hand, Planets in transit※トランジットの定番解説書。
    N.ティル編著『占星学ベストテキストブック−職業占星術』※ボイドの活用法に詳しい記述あり。
    posted by JEEPSTAR at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | *12星座と西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年05月21日

    水星座の月と風星座の月

    西洋占星術では太陽と月の意味を一般的に次のように解釈します。
    太陽:公的生活・理性・価値観
    月:私的生活・感情・感覚

    月星座の配置を考える場合に気になってくるのが
    水星座と風星座の対比です。
    水星座[蟹座-蠍座-魚座]:
    感情的で、主観性・好き嫌いを重んじる星座
    風星座[双子座-天秤座-水瓶座]:
    論理的で、客観性・公平性を重んじる

    月が水星座に入っている場合には
    月の意味と水の意味がよくフィットします。
    良くも悪くも感情を重んじるキャラが浮かび上がります。

    では月が風星座に入っている場合、
    月[感情]が風[論理的]とはどういうことでしょうか?
    月星座が水の場合と対比してみましょう。

    水星座は例えば相手の思いやりに対して喜んだり
    思いやりのなさに傷ついたりします。
    感情の問題として考えた場合とても分かりやすいです。

    風星座の場合はどうか。一見ややこしいようですが
    実際にははっきり描き出すことができます。
    風星座は話のつじつまがあって論理的筋が通っていると
    多少いやなことでも納得して受けいれることができる、
    しかし話のつじつまがあっていない・筋が通っていないと
    イライラしたり腹がったたりする、・・・ということです。

    月が風星座の場合は、怒ったときには理詰めで非難してきます。
    感情的になればなるほど理屈で押してくる。
    月風の人に慣れていないとこういう反応にとまどうことになるでしょう。
    ふつうの意味で感情的になだめようとするよりも
    理屈で納得させることが結果的に感情をなだめることになります。

    また身内びいきなどの不公平などに嫌悪を感じるのは
    ある意味、風星座の正義感と言えるでしょう(特に天秤座)

    太陽と月の組み合わせという点から見ると
    太陽風×月水の組み合わせはとても理解しやすいです。
    頭ではわかっているが感情がおさえがたい、というような場合の
    一般的な理性と感情のギャップのイメージにすんなりあてはまります。
    太陽水×月風の場合はバランスが非常に悪くなってしまいがいち。
    仕事に個人的感情を持ち込んだり、
    逆に個人的思いやりが必要な場面で冷淡な態度をとってしまったり。
    調整が必要になるのはどちらの場合も同じことですが。

    参考:C.ハーヴェイ他『月と太陽でわかる性格事典』
    (原書:Charles Harvey,Suzi Harvey, Sun Sign, Moon Sign, Element Books
    関連記事:太陽星座と月星座の組み合わせの解説のある本
    posted by JEEPSTAR at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | *12星座と西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする