アクセスの多いエントリー

    ★☆★NEWS★☆★2019年ボイドタイム新月・満月一覧表をUPしました!

    2019年05月11日

    StargazarのWindows10での文字化けの対処

    プロも愛用するホロスコープソフトStargazerですが
    Windows10で感受点(惑星など)や星座(サイン)の記号が
    文字化けしてしまうことがあります。
    だいたい星座は「・」と表示され
    惑星などはハートマークや四角形になってしまうようでう。

    ググルと公式フォーラムからwindows7での
    サビアン表示の問題が出てきますが・・・
    https://sgwd.sakura.ne.jp/sgwdSaBBS20/index.cgi?m=look&bnum=26
    この方法で必ずしも対処できないようです。

    以下、PCの環境・設定に依拠すると思われるため
    必ずしも有効かもしれませんが、対処法を。

    Stargazerの外字データ(外字フォントデータ)は
    sgwdeudc.tteに入っています。
    これは書籍付属のCD-ROM版も含めてSG共通です。
    このファイルはStargazerのフォルダの中にあるのですが
    windows10ではtteファイルの標準的な置き場は
    以下のディレクトリとなっています。
    C:\Users\%ユーザー名%\AppData\Local\Microsoft\Windows\EUDC
    ですので、まずここにsgwdeudc.tteをコピーしておきましょう。
    ※あどでSGのフォルダを移動させたときなどにこの方法だと問題が起こらない。

    その上でwindowsの外字エディタを起動
    フォントのリンクから
    「指定したフォントにリンク」を選択、
    フォントの選択でMCゴシックを選び保存ボタンをクリック
    EUDCフォルダを開いてsgwdeudc.tteを選択し保存。
    これで完了です。

    もしだめならフォントの選択の段階で
    他の心当たりのフォントを選んでみてください。
    なおwindows7および8の標準フォントはmeiryo
    windows10の標準フォントはYu Gothic UIです。

    ※操作についての参考:http://office-qa.com/win/win101.htm

    posted by JEEPSTAR at 00:24 | Comment(0) | *占星術サイト/ソフトウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年10月22日

    StargazerのWEB配布版・SATについて

    代表的なホロスコープソフトの一つである
    Stargazerは書籍版付属のヴァージョンとは
    かなりちがった形で進化していっています。
    SA2の後継バージョンであるSATが
    今年2018年のはじめに公開されました。
    SA2とはインターフェースの見た目や
    機能は一見同じようですが
    天文暦は新たに改訂されているとのこと。
    年数は1800年〜2050年。
    設定ファイルの構成などは微妙にことなるため
    SA2他のヴァージョンの設定を
    引き継ぐことは出来ないようです。
    プログラムとしてはホロスコープ・タブ・デュアルの他、
    ホロスコープ単円、進行経過時期表、座興相性、
    四柱推命、宿曜、紫微斗数、三元九星が付属。
    付属ソフトはSA2より増えています。

    書籍版付属のヴァージョンと異なる
    最大の特徴が「三重円デュアル」ですね。
    すべて日本語にすると三重円二重で
    意味がほとんどわからなくなりますが・・・。
    それとタブ方式で何枚ものチャートを
    切り替えられることも大きな特徴です。
    タブ式ブラウザに親しんでいれば
    だいたいの操作感は想像がつくでしょう。
    ※タブ化はSAから・デュアル化はSA2から

    以下「三重円デュアル」について。

    Stagazerの従来からの特色が三重円表示です。
    内側に出生=ネイタルチャート
    その外に進行=プログレス
    さらに外に経過=トランジット
    これらを同時に表示して相互の絡みを読むものです。

    例えば二人の人に関して
    それぞれのネイタルとプログレス
    さらにトランジットの絡みを読みたい場合には
    従来はChartsを起動して「設定」から
    五重円を選択してそれぞれのチャートを
    表示させるという方法がありました。

    このSATでは三重円のうち
    出生図と進行図の円の中に
    二人(二つ)の星の配置を
    同時に表示することができるのです。
    つまり出生図と進行図が
    それぞれ一つの円のまま「デュアル」に
    なるということなのですね。

    そこにさらに外円には経過図を表示して
    都合、五重円を三重円の形で
    表示しているということになります。

    従来までの三重円とデュアル三重円との
    表示切り替えは←と→のキーで行います。

    表示色の設定もかなり細かくできるようになっています。
    デュアル表示にする場合には
    もちろん出生データ1と出生データ2との
    感受点を適切に色分けしておかないと
    当然ながらとんでもないことになってしまいます。

    出生1の感受点どおしの座相線と
    出生2の感受点どおしの座相線を
    色分けすることはできないので
    デュアル表示でネイタルどおしのアスペクト線を
    表示するとけっこう見づらくなるのが難点でしょうか。

    シナストリー(チャート対照)が見づらければ
    あえてデュアル表示しないで
    経過円に出生2を読み込んむのも方法としてはありでしょう。

    ※ちなみに出生データ1側の感受点の色を一括で変更すると
    なぜか出生データ2の側の太陽のみが
    出生データ1で指定した色になってしまいます。
    これは何か意図があるのかどうか分りません。

    いろいろ設定をいじるのも面白いのですが
    作り自体がかなり複雑ですから
    サイトに用意されているマニュアルに
    最初に目を通しておく方が良いです。

    ソフトは64bit版と32bit版があり
    それぞれに自己解凍のexeファイルと
    書庫形式のファイルが用意されており
    インストール先も設定ファイルや
    データファイルの置き場も任意で設定できます。

    ダウンロードは・・・
    公式サイト「ケロプッタの国」
    http://stargazer.on.coocan.jp/
    トップから>>Stargazer開発室
    Stargaerのインストールとメンテナンス

    SAやSATなどのWEB配布ヴァージョンは
    より多機能になっている分だけ
    設定変更などの操作が複雑で難しくなっていますし
    使用のためには圧縮ファイルの解凍や
    PCのディレクトリーなどについて
    一定の知識がある必要があります。
    この説明の意味が分らない人には
    まず使いこなせないでしょう。

    そのような場合は書籍付属の
    インストールCD-ROMを使用するのが無難と思われます。
    こちらは書籍本体の解説も
    ソフト使用マニュアルも充実していますし
    機能や操作手順は総体として比較的にシンプルです。
    ある意味では入門版との位置づけも可能かもしれません。
    小曽根秋男『新版 Stargazerで体験するパソコン占星学』技術評論社

    この記事を見た人におすすめ
    Stargazerの相性チャートの出し方
    Stargazerで海外チャートを出す場合の注意
    Stargazerの先行日食の出し方について
    パート・オブ・フォーチュンの位置について

    posted by JEEPSTAR at 20:00 | Comment(0) | *占星術サイト/ソフトウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年08月14日

    Stargazerの先行日食の出し方について

    日本の代表的なホロスコープソフトである
    Stargazerで先行日食を表示する方法について。
    以前は公式サイトフォーラムのQandAに
    掲載されていたのですが
    現在では消えているようなのでメモっておきます。

    先行日食(Pre-natal Solar eclipse)とは
    生年月日から日時をさかのぼって最初の、
    つまりは誕生日時点で最新の、日食のこと。
    生まれる前に胎内で誓った人生のテーマが
    チャート上の先行日食の位置に表示されるといいます。

    さて、日食とはつまりはドラゴンヘッド(ノースノード)上
    もしくはドラゴンテール(サウスノード)上か
    それらの付近でおこる太陽と月のコンジャンクションのこと。

    これをStargazerで割り出すには・・・

    まず三重円で内円に出生時を表示します。
    外円には現在の経過(トランジット)が表示されます。
    ここから・・・
    「出生円の日時以前の新月はデフォルトではctrl+alt+Z」で
    表示できるとのことなのですが、
    ソフトのヴァージョンなどによってちがいがあるようです。

    ともかくctrl+zで直近に起きた新月の日のトランジットが表示できます。
    もう一度ctrl+zでさらにその前の新月へさかのぼります。

    なので、まず三重円を表示してから
    ツールバーから「経過円」に「出生データ」を読み込んだ上で
    (当然ながら三重円すべてが同じ配置になる)
    ctrl+zで新月を表示し、順に日程をさかのぼっていって
    新月=太陽と月の合がヘッドもしくはテールから
    12〜13度以内に位置するところをみつければ良いのです。

    Stargazerは高機能・多機能ゆえになかなか
    使いこなすのはむずかしいかもしれませんが
    こんな使い方もできるという一例です。

    ※先行日食について詳しくは・・・
    橋本航征『宿命占星学 』(世界占星学選集(第8巻)、魔女の家BOOKS
    ジャン・スピラー『前世ソウルリーディング―あなたの魂はどこから来たのか』徳間書店

    新版 Stargazerで体験するパソコン占星学
    小曽根 秋男
    技術評論社
    売り上げランキング: 30,529

    タグ:先行日食
    posted by JEEPSTAR at 19:00 | Comment(0) | *占星術サイト/ソフトウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2017年09月25日

    チャート作成表示「nut's wheel お手軽ホロスコープ作成」

    今回は日本語のホロスコープチャート表示ページを紹介。
    以前このブログで紹介させいたいだいた
    太陽星座と月星座を表示するブログパーツ「星座チェッカー」と
    同じnutさんのWEBサイトからです。

    chart_201709251227.png
    ※実際の出力画像

    キャンパナス、プラシーダス、ソーラーサインの
    三つからハウスシステムを選択できます。
    そして表示したホロスコープ画像を
    そのままpngの画像ファイルとしてダウンロードすることができます。
    しかも配色やサイズも選択指定できるようになっています。
    演算精度自体もかなり高いようです(※Astrolog32の出力結果と比較)。

    ページをひらくといきなりその日時のチャートが表示されます。
    タブレットなどで星周りを確認したり
    誰かを占ったりしたりしたいときや
    WEBサイトなりブログなどにホロスコープチャートを
    掲載したい場合などにもとても便利なツールです。

    他ノページでは「星座チェッカー」のほかに
    二重円を表示したり分布表やアスペクト表などの
    データを表示できるページもあります。
    いずれもかなり高度なプログラムではないでしょうか。

    「nut's wheel ★お手軽ホロスコープ作成★:
    http://nut.sakura.ne.jp/wheel/horo.html


    関連記事:
    ブログパーツ「星座チェッカー」
    無料ホロスコープと月相のサイト 


    posted by JEEPSTAR at 12:44 | Comment(0) | *占星術サイト/ソフトウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2017年05月26日

    macOSむけ占星術ソフトウエアについて

    西洋占星術のホロスコープチャートを
    出力するソフトウエア、アプリケーションは
    有料・無料含めて数多くでていますが
    Windows向けソフトにくらべて
    macOS向けが圧倒的に少ないのがmacユーザーの悩みでしょう。
    2017年現在どんな選択肢があるでしょうか?

    macbook.jpg

    macOS向けの専門性の高いソフトとしては
    まずIO Editonが以前からあります。
    http://timecycles.com/edition/index.html#0
    現在、基本機能にしぼったIO Staeterから
    より高度な機能をもったIO ValuePackまで
    五つのグレードと価格に分けて販売中ですが
    最下位のもので$664〜とかなり高価です。
    (ただし常時値引きしているようですが)

    最近iOS用アプリとしては定評があった
    Astro GoldのMAC OS版がリリースされています。
    http://www.astrogold.io/
    また意外と知られていないのではないでしょうか。
    すでにAndoroid版もでています。
    ネイタル、トランジットはもちろん
    ソーラーリターン、ルナリターン
    プログレスとシナストリーに対応し
    それぞれ占断的な説明文を表示できます。
    チャートデータはWindows用の有名占星術ソフト
    Solar Fireと互換性があるようになっています。
    価格は$124.99

    その他Windows用のソフトでmacOSでも動作可なソフトとして
    WHAT WATCHがあり日本語ソフトとしてはAMATERUがあります。
    どちらもフリーで配布されているので最初の選択肢として
    浮上するでしょう。
    WHAT WATCH:http://www.papertv.com/
    AMATERU:http://tetramorph.to/

    またmac上でWindowsソフトを動かせる
    エミュレーションソフトを入れると
    定番のStargazerなどWindows用占星術ソフトが
    macOS上で動作し使えるようになります。
    Parallels Desktop:
    https://www.parallels.com/jp/upgradepd12/
    Amazon.jpでも販売
    VMware:http://www.vmware.com/jp.html

    iPhonおよびiPadのiOS用のアプリケーションとなると
    安価で高性能なアプリが複数でています。
    macユーザーはiPhonかiPadで済ませておくというのもありでしょう。
    まずはAsotro GoldのiOS版:http://www.astrogold.io/
    安価で高機能なKiron:https://kairon.cc/


    ※参考文献:
    ケヴィン・バーグ『占星術完全ガイド』伊泉龍一訳、フォーテュナ、2015年
    原書の付録の「占星術ソフトウエア」のページに加えて
    訳者の伊泉龍一氏が日本語版付録としてPCソフトやスマホアプリの
    案内ページを執筆されています。
    posted by JEEPSTAR at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | *占星術サイト/ソフトウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2016年10月19日

    Astrolog 6.10

    windows占星術フリーソフの定番Astrologは
    長年5.40のままで開発がとまっており
    その間に派生ソフトであるAstrolog 32が登場し
    さらにその後継ソフトであるStarFisherが登場していました。
    しかし本家のAstrologが2015年末に
    6系統にヴァージョンアップ。
    現時点での最新版は6.10となっています(2016年3月)。

    astrolog6.10.png

    基本的なUIの構成は変わっていませんし
    機能も変わっていないようです。
    ダウンロード・解凍後そのまま起動できます。
    大きな変化としてはチャートデータの拡張子が
    datからasに変更になったことです。
    もちろんこれまでのdat形式のファイルも使えます。
    またデータファイルの呼び出しのUIは変更されています。

    asへの変更で確かに他の用途の拡張子と
    混同がなくなって良いかとは思えます。
    しかしdat形式だとAstrologさらにStar Fisherでも
    共用できるのですが、asは共用できません。
    そのような利便性を考えると
    チャートデータを保存する際には
    あえて拡張子datにしておくのが良いかもしれません。

    Astrolog公式サイト:
    http://www.astrolog.org/astrolog.htm

    Astrolog 5.40使用法メモ:
    http://jeepstar5th.web.fc2.com/g/astrolog.html
    ※6系統でも基本的には同様です。
    ------------------------------------
    Astrolog 32:
    http://www.orionsoft.cz/astrolog32/en/view.asp?page=Introduction.htm

    StarFisher:
    http://www.starfisher.cz/starfisher/EN/
    ------------------------------------
    西洋占星術ホロスコープソフトガイド:
    http://jeepstar5th.web.fc2.com/g/soft.html
    posted by JEEPSTAR at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | *占星術サイト/ソフトウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2014年02月20日

    月相と内惑星のブログパーツ

    月相をメインに、最大で太陽・月・水星・金星・火星までの
    星座度数と逆行をリアルタイムで表示する
    ブログパーツ・PHASES DE LUNES。フランス製です。
    色ちがい・サイズちがいの計6種類のデザインがあり
    小さいものは太陽と月のみの表示です。
    ただしタイムゾーンの設定はできないようで・・・。
    使用には登録など不要。ソースコードを貼るだけです。



    PHASES DE LUNES 
    http://lune.esopole.com/
    posted by JEEPSTAR at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | *占星術サイト/ソフトウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする